2023/01/10

軍需産業の自民への献金 1.6億円 リスト

 本日の赤旗1面トップ記事から

 21年の防衛装備庁資料、政治資金収支報告書から作成した記事


「防衛相の契約実績上位企業の国民政治協会への献金額のリスト (赤旗調査)


①三菱重工業  契約金額4591億円 献金額 3300万円

②川崎重工業  契約金額2071億円 献金額 300万円

③三菱電機     契約金額966億円 献金額 2000万円

 ④日本電気    契約金額900億円 献金額 1500万円

⑤富士通        契約金額757億円 献金額 1500万円

⑦IHI            契約金額575億円 献金額 1000万円

⑧SUBARU    契約金額417億円 献金額 1700万円

⑨日立製作所  契約金額342億円 献金額 4000万円

⑪小松製作所    契約金額183億円 献金額 800万円

⑫ダイキン工業  契約金額181億円 献金額 520万円


記事によりますと①位の三菱重工業は前年より約1500億円超えている。政府調達額    1兆8031億円の25.5%を超えている。

献金が確認できたのは、10社 この10社で政府調達の61%をしめている。


軍需産業、民間戦争協力機関の動き、政府との関係性をしっかりと国民に情報提供してほしい、となっています。

過去の戦争の動きを検証し、今との類似性をも学ぶ必要がると考えていますが・・。


戦争国家に向かうことはすべての国民の生活や民主主義の基盤を壊すことにmなると感じています。

戦争が勃発すれば、若者の「命」そのものが奪われます。

絶対に繰り返してはならない歴史。

「戦争」で潤う軍需産業と政治家がいる!