2023/01/24

雪、氷点下、ホームレスのあの男性は

(ネット接続での障害が急に発生して新規にアップできずにいましたが、

自然に回復し、更新できるようになりました。)


 1月になって、相模原駅頭で駅頭宣伝を水曜日行ってきました。駅頭での出来事です。

4日と11日の宣伝日、駅ペデのベンチにうずくまっている男性がいました。

4日の日の時、話しかけました。

まさか、一晩中、このままの姿で過ごしたのではないのだろうか、住まいがないのだろうか、

市へ相談にいきましょう、と話しかけても、

友達がこれから来るから、

友達が部屋を今、探しているところだから、と。

私の連絡先を渡して、困ったときはすぐに連絡してくださいね、と。


ところが、11日の水曜日にも、その男性は、同じ体勢でうずくまっている!

また話しかけたのですが、

食べ物はあるのか、食べているのか、聞いたら、

お金はないことはないので、食べている、だからこうしている、

友達がこれから来るから・・・

と同じことを繰り返す。


心配ながらも、また連絡先を渡す


18日の宣伝日。

男性がいない!

毛布やカイロや飲み物があるのに、本人はいない!

気になりながらも、宣伝を続けていると、女性が近づいてきた。

全く初対面の方が、話しかけてくる。

この方は横浜市の方で、勤め

関係で駅を通り、ホームレスの男性があまりに寒そう、気の毒で

毛布を持ってきてあげた。今日は本人がいない

心配、議員さん、何とか市につなげてください、と。


9時を待って市に連絡すると、その方は市が保護、高齢者施設に入所、生活保護の手続きを

進めているところで、毛布等彼の私物は中央土木事務所が保管する、と。


 私は、声をかけただけでは、心に届かなかった!

友達が、友達が、と彼は言っていたけれど、それは本当ではなかったのかもしれない

複雑な思い。


ともかく、入所できてよかった!

これから、雪の中、寒さにふるえることなく、屋根の下、温かい食事ができるようになってよかった!


私も、もっともっと、声かけの力、信頼してもらえる力、相手が動きを始める力をつけていこうと、2023年 1月に強く思った事例となりました

あの数年前の失踪したホームレスの男性と同じ、心に残る忘れることができない

事例になると思ってbいます。

2023/01/17

あの女の子、今どうしているかしら

 8年前くらいかな?

上溝地域での街頭宣伝時に出会った女の子

このブログでも紹介したことがありますが、

上溝地域で宣伝すると、時々、思い出します。


私が宣伝を始まると、小学高学年の頃の女の子が寄ってきて

名前を聞かれ、答えると、

「えっ、松永ちかこさん?

おーい、みんな。松永ちかこさんだよ、

きてーっ」

って。何事かとおもったら、

ぞろぞろと、小学低学年の男女の子ども達がぞろぞろと。

子ども達の関心ありそうな話題に切り替え演説を少々しましたが、

切り上げて、みんなとおしゃべりへ。

シャキシャキとしたリーダー感ありありの女の子

「ちょっと待ってて」と突然姿を消す。


え、どういうこと?

この場を離れるわけにもいかず、しばし、可愛い子ども達と歓談。

で、息切らして、かえってきて、

「はい、あげる」  と。

「だめだよ、ママにもちゃんときちんと聞かなかれば」といいうのですが、

「いいの私のだから。もらって」と。

周りの子たちはじっとなりゆきを見ている。

わ、困った!

意思の強そうな彼女、みんなの前で、その行為をないがしろにするわけには、いかないし・・

パニック的心境に。

でも私も決心。

「ありがとう、大事にするね。頑張るね。」  

彼女からプレゼントされたぬいぐるみは

変わらずに、ちょこんと私の机の前に。


彼女はどんどん大きくなって、素敵な娘さんになっているのかな。

もう有権者かも。


どこかであっても、素敵な美しい娘さんになっていて、

私はきっとすぐには、わからないだろうけど。

心に残る1シーン。

上溝少女A, 心に残る少女です。





2023/01/15

今年は神頼みをやめてみよう

 毎年、一応正月に初もうで的動きをします。

しかし、今年の勝負には、神頼みはしない、

実行しようと決意したことをコツコツとやり切って、結果をまつ、的心境で。


横山小学校校庭で行われたどんと焼き

おだんごをくしにさして、「焼いて」食べる?

すごい人!

おだんごが順番を待っている!



やっとスマホでとった写真をブロブにアップできるようになりました。


2023/01/10

軍需産業の自民への献金 1.6億円 リスト

 本日の赤旗1面トップ記事から

 21年の防衛装備庁資料、政治資金収支報告書から作成した記事


「防衛相の契約実績上位企業の国民政治協会への献金額のリスト (赤旗調査)


①三菱重工業  契約金額4591億円 献金額 3300万円

②川崎重工業  契約金額2071億円 献金額 300万円

③三菱電機     契約金額966億円 献金額 2000万円

 ④日本電気    契約金額900億円 献金額 1500万円

⑤富士通        契約金額757億円 献金額 1500万円

⑦IHI            契約金額575億円 献金額 1000万円

⑧SUBARU    契約金額417億円 献金額 1700万円

⑨日立製作所  契約金額342億円 献金額 4000万円

⑪小松製作所    契約金額183億円 献金額 800万円

⑫ダイキン工業  契約金額181億円 献金額 520万円


記事によりますと①位の三菱重工業は前年より約1500億円超えている。政府調達額    1兆8031億円の25.5%を超えている。

献金が確認できたのは、10社 この10社で政府調達の61%をしめている。


軍需産業、民間戦争協力機関の動き、政府との関係性をしっかりと国民に情報提供してほしい、となっています。

過去の戦争の動きを検証し、今との類似性をも学ぶ必要がると考えていますが・・。


戦争国家に向かうことはすべての国民の生活や民主主義の基盤を壊すことにmなると感じています。

戦争が勃発すれば、若者の「命」そのものが奪われます。

絶対に繰り返してはならない歴史。

「戦争」で潤う軍需産業と政治家がいる!



2023/01/09

消防出初式

 昨日10時から淵野辺公園隣地で行われた「相模原市消防出初式」に参加しました。

多くの市民の方が家族連れで参加しておられます。

消防車大好きな子供達もたくさんいます

いただいた資料を紹介します

  組織及び人員 1局 2部 4 消防署 15分署 1出張所 1派出所  776人

  消防車両 148台  各種車両をずらーっ記してありますが、ここではパスします

消防団

  組織及び人員 1団 6方面隊 34分団 106部  1,359人

  消防車両  117台


  消防団員募集! (市内在住、在勤で18歳以上ー女性や学生もOK)


   火災発生件数   166件 昨年 131件 (前年比 35件増 26.7%増)

   救急出場件数  2,060件 昨年 35,847件 (前年比 6,213件増 17.3%増)

   救助出場件数   842件 昨年 739件  (前年比 103件増 13.9%増)

 その他の災害件数  3,807件 昨年 3,289件(前年比 518件増 15.7%増

  ガス漏れ、警戒、風水害等)


 昨年はコロナ感染関係出動が過去最多 市内のすべての救急車が出場する事態が発生した。

 救急車を必要かどうか迷った時に使えるアプリ、全国版救急受信アプリと

 問合せ 相模原市消防 警防部救急課へ 042-751-9142


 こうした現状の数字でも、消防現場にいかに負荷がかかっているか、命と財産を守る市民の安全、安心を守る現場の皆さんに心から敬意と感謝をします。

こうした部署の皆さんの健康とスキルを保てるようにすることが大事だと改めて痛感しました。

 1部の式典で、市長はじめ、次々とご挨拶がありましたが、ずっと整列してる皆さんの中から2人(私が目にしたのは、)倒れ、運ばれて行きました。

体調がよくなかったのか、緊張のせいなのか、目の前で人が倒れるにおを目撃するということはドキドキ感がいつまでも残ります。

回復されますように。

そのあと、横山の「どんと焼き」へ

そのあと、緑区中村圭予定候補のオープニングパーティへ

そのあと、選挙本番に向けた打合せ会議へ

そのあと、メールできた原稿のチェック、

そのあと、原稿づくり 、、ン、これはエネルギー切れ。ここまで、

 写真藻たくさん撮ったんもですが、今不調。

2023/01/06

相模原市の人口 

 神奈川新聞 12.30日より

12月1日現在 

県計 4312千世帯  9232千人 前月比 1387人減 自然増 ▽3397人社会増 2010人

相模原市 34万2千世帯 72万6千人

     前月比 185人減

         自然増 325人減

         社会像 140人増(緑区3人減 中央区89人増 南区54人増


 かろうじて社会増は140人増ですが、市全体では185人減


生産人口減少は各業種で徐々に深刻化

 今日は市商工会議所の賀詞交歓会があり、コロナの関係で出席者調整ということから、

 日本共産党市議団からは、団長の私が出席しました。

 何人かのかたと名刺交換、意見交換、その中で建設業関係の方に

 業界の情勢をお聞きしたところ、資材費高騰や不足も大変だけれども、

 一番大変、深刻なのは、人手不足だと。

建設業界の職人は技術力、経験も必要とされますので、新人がすぐに現場で即戦力を発揮できるものではなく、人材育成が一定期間必要となる業種があります。多くの業種がそうだと思いますが、ケア労働の分野、教育の分野、ハード面でもソフト面でも、人手不足

日本、どうなる!危機的では。


岸田首相は「異次元の子育て支援」?

自然現象でいまの人口減少が加速しているのではない!

深刻さを強調したいのでしょうが、今の事態になっている原因理由を見ていけば支持んp責任は大きいと思います。



2023/01/05

1月仕事はじめの日になると思い出すAさん

新年 1月、役所の仕事はじめの日に思い出される人がいます。

ホームレスだったAさん

国道16号線と夢大通りの交差点のところで、周りの雑草をきれいに刈り取り、清掃していました。お昼時には、食事をそこでしていたので、通りがかりの人にも目についてきたようです。

全く知らない方が、メールで、「Aさんを何とかしてあげてください、みんな話題にしています、よろしくお願いします」と。

私も高齢のこの方に、何度か「生活保護」の話もして進めてきましたが、Aさんは

「俺はこの暮らしがいい」と、説得しきれません。

通るたびに顔を合わせれば、いろんな話をしてきましたが、無口な方でしたので、

詳しいことはわかりませんでした。

「いつでも声かけてね」とだけ、伝えました。

12月28日、Aさんが、「議員さん、福祉のお世話になろうと思う」と声をかけてきました。

すぐ、役所に向かいました。Aさんの全財産の荷物とともに。

申請、そして、知り合いの大家さんの物件の空き部屋に入れることになり、

ホットしました。

その年、年末、正月は雪が降りました。

Aさんが路上でなく、部屋で過ごせる、お布団で寝れる、よかったと思いました。


役所の仕事はじめの日、Aさんを訪ねたら、いない!

荷物はすべておいたまま。ドアは鍵もかけず、あいたまま

異変を感じ、

すぐに役所にいったのですが、消息不明、連絡つかず、

事件?事故?

それとも、アパートの1部屋での生活はやっぱり性に合わない?


私がしたことは、Aさんにとっては、よかったこと?そうではなかったかもしれないのかな、自問しましたが、もはや永遠に回答はない・・・

その時の年齢からみても、もう元気でいられるとは思えませんが、


正月になると時にふっと思い出す、心に残ったままの方です。

2023/01/03

赤旗読者の皆様への新年のご挨拶へ

 毎年、3日から活動地域内のしんぶん赤旗読者の皆様へのご挨拶周りを行っています。

今日もこれから出発です。

1日と2日は家族や親せきと過ごしました。

パソコンやプランターの修理も息子がしてくれたので、不便が解消されました。

玄関口の壁紙も新しく張り替えてくれたので、隙間時間に少しづつ掃除をしています。

必要な事務処理も少しこなし、3日、今日からから仕事です。

スマイル イズ パワー

出会った人達のなかで、苦難を乗り越え、スマイルを絶やさない魅力的な方を心に刻んで駆け抜けていきます。

2023/01/02

松永レポ―ト 23年1月号

 松永レポ―ト 23年1月号です。







新年あけましておめでとうございます

 いろいろな心配ごと、不安はありますが、

一方では、世界や日本の中での

希望ある動きもでている(?かもしれない?)

1日1日を大切に自分なりに生きていこうと改めて思っているところです。

今年もどうぞ、よろしくお願いします。