2022/11/11

「心の不調に美術鑑賞ー医師が無量券処方」、ベルギー

 朝の新聞タイムは、伊日スート前のエネルギ―補給タイム

 新聞、ごみ出し、洗濯、今朝はラジオ体操参加、ルーティン化した動きは

 心の安定を運んでくれます。


 さて、今日も驚き満載の赤旗記事

 P6 「心の不調に美術鑑賞ー医師が無量券処方」、ベルギー

    いいね!

  今試験的に行われていて、今後本格導入に向けて分析をしていく方針のようです。

目的は、「人々のウエルビーング(身も心も満たされた状態)に貢献した」、、市内5か所の文化施設、博物館や現代美術を展示するギャラリーで、患者は医者と相談して選んだ1か所に無料で入館できる、と。

家族や友人ら3人まで一緒に無料で入ることができる。

この事業は市の文化・観光部門の責任者の方が2019年のカナダの同様な取り組みを行っているのを訪問してはじめたようです。


新型コロナ禍が、「誰にとっても、メンタルヘルス(心の健康)が重要だと気付かせてくれた」と。芸術に触れる機会を増やす意義を強調した、。

  記事ではWHOの報告書、精神科医の評価など、興味深い内容が続きます。

 続きは、ぜひ赤旗をご覧ください。

 気候危機や戦争、紛争など、世界や人類はどうなるのか、心が沈みようですが、

 希望や可能性もあるかもしれない、捨てたもんじゃない、・・

 そ、知らないだけかもしれない。。

 鬼や悪魔も神も仏もいるのが「人間世界」