2022/09/14

軍事費、いったいいくら? 赤旗記事より

 本日14日付、1面 中談記事

見出し「軍事費まで隠蔽」 根拠不明の概算要求

 防衛省 2023年度概算要求額  5兆5947億円

  積算根拠が一切示されない「事項要求」が大半だそうです。


 防衛省はホームページで、概算ようきゅの資料で、事業ごとに、

  「000機」・・「多億円」と金額を明記していた

 ところが、23年度は総額以外の金額を載せていない!

 それだけにとどまらず、

 各装備品の調達数や物件費などの内訳、陸海空自衛隊など機関ごとの内訳も

不明。自衛隊員の定数までも「事項要求」として明らかにしていない!

「事項要求」の件数さえ、「現時点では答えられない」、と。


 30年近く防衛ジャーナリストである半田氏のコメントも載っています。

国民や国会への説明責任を果たさない今回のようなことははじめて。

防衛費の「GDP比2%へ踏み出そうという狙い」と。


 着々と戦争への準備か?

軍事費、自衛官、学校教育、

マスコミはすでに自衛隊をどんどん登場させ、ドラマまで!

少子化の時代、懲役制度はもはや日本では無理だと思われますので、

自主的に自衛官を職業選択してくれる若者を増やすために国は必死。

相模原市でも、18歳 6000人へ自衛官募集をこれまでの「閲覧」を可とする、から

市側から「宛名シール」を自衛隊へ提供する、と、より積極的な協力の姿勢に今年6月から変わりました。国からの通知を受け、審議会に諮って、変更され実施されました。

着々と、です。


今回、私は一般質問で取り上げます。

日本の若者を、再び戦場に送らない、殺し殺されたくない

政治家は戦争をしないためにこそ、最大の、死力を尽くた努力をしてほしい「!