2022/06/24

「代表質問 2問目」質問と答弁の要約⑥

 6月代表質問と答弁要約  ⑤よりつづく 

 (質問と答弁はそれぞれ要約しています。詳細は議会Hpでご覧ください)


補正予算

 についてです。76億円はAAに特定し、確保するとのお答えと 同時に、

余剰が出たら、他の事業に活用すると答弁されています。

特殊な事情があるから財源を担保する必要があるので、一括して76億円も基に

積み上げる、という過去にはない、異例なことです。

今後の大規模事業が次々と動きだそうとしていますが、こうした事業の財源

についても、同じ手法で行っていくお考えなのか、  伺います。


(仮称)大西大通り線 

についてです。


今後のいくつかの大規模事業が連続していくことになりますが、大

西大通り線追加が財政的に可能と判断した根拠をお示しください。

答弁要約

 局内の事業全体のスケジュールや事業費の精査などの検討を重ねた結果事業費実施の見通しがたったため、実施可能と判断した」

 

関係地権者の方のお話を伺っても、多くの地権者が知らないのではないのか、懸念と不信を持たざるを得ない状況です。

市民説明会の参加状況と要望に応じて説明会を開いた回数と人数について伺います。

答弁要約

 「市民説明会の参加状況は平成28年7月の計画策定段階の説明会は2回行い、計172名の参加

本年3月のオープンハウスでの説明は4回、計344名の参加

計画策定以後要望に応じて計17回説明をしている


175億円と事業費が示されていますが、89割が用地買収費とのことです。

では、地権者をどの位と想定しているのか伺います。

答弁要約

「道路の用地取得に係る地権者及びリニアトンネル区間とが重なる地権者の割合は、測量を実施していないため、現段階では把握しておりません」


 地権者は、直下をリニアが走るその地上の方々が、どのくらいな割合を伺います。

答弁要約

道路の用地取得の対象となる家屋等については概ね100棟を想定している」


6月中旬から地権者説明を行うとのことですが、説明会を行う関係住民の対象範囲を伺います。

 答弁要約

 「本道路の「想定される事業区域から約30メートル範囲の地権者及び住民のかたにご案内する」

橋本駅周辺のまちづくりですが、

事業費推計にあたって、一定の物価上昇を見込んでいるとのことですが、現時

でどう想定はしておられるか、急激な物価変動に対して適切に対処するとは

、具体的にはどう対処することになるのか、伺います。

答弁要約

「約4%を見込んでいる」

「今後予見しがたい急激な物価変動等が生じた場合には、財政状況をふまえつつ、事業費の

一層の精査などによって、筆よな予算を確保できるよう適時適切な対応を務めていく」


地域経済への波及効果は試算していないが、この道路整備事業の税

収効果は年間約3億円とのことですが、内訳をお聞きします。

答弁要約

「固定資産税、都市計画税など、当面収入が見込めるものについて想定したもの。」


構造改革プラン


ですが、7年間プランのうちの、2年間連続で市の見込と違い、

赤字ではなく、多額の黒字ですが、この事実を市民に伝えていないのは何故

でしょうか。

 事実から大きく乖離したプランを説明しながら、市民が納得、ご理解をして

いただいていると認識している、との市長のお答えに不安を感じます。


ここできちんと修正し、市民には、事実の数字を示して説明をしていくこ

とこそ、市政執行者として誠実な態度だと思います。

 質問は2つです。令和3年度のマイナスシーリングの影響は約32億円だった

とのことです。

令和5年以降のシーリングについては「適宜検討していく」とのお答えでが、

具体的には、どのような対応を考えておられるのか、

見解を伺います。

 答弁要約

 「現在は収支見通しの作成に向けて、調査を行っている段階にあり、具体的な対応については、今後予算編成方針において示していく」


次に「新規事業の実施も含め、時代に即した包括的な支援が行えるよう検討

進めていく」とのお答えですが、構造改革プランでは事業の廃止、縮小

のみしか列記されておりません。       

行政運営の上で、必要な新規事業と統廃合していく事業と精査し

ていくことはありうることですが新規事業の内容、事業費規模

が不確定のなか、大規模事業が複数動きだし、市税投入が始まれ

れるのか、どのような見通しを持っておられるのか、伺います。

答弁要約

 「扶助費の事業費に係る財源について、事業等の選択と集中を行い、パッケージによる見直しを検討する中で、その財源を毛区補していく」


以上で2問目を終わります。


   *   *  *  *  *  *  *  *


( 6月代表質問と答弁要約 次⑥続く)