2021/08/25

代表質問の通告をしました

 9月1日、2日に代表質問がおこなわれます。

今議会では、私が行います。

条例、補正予算、2020年度各会計決算の審査、陳情、議定議案などです。


質問時間は一人10分という時間制限があり、日本共産党市議団は4人ですので、質問のみの時間で40分ということになります。3問制です。

質問順番は大会派順で、日本共産党は4番目ですので、おそらく2日目、9月2日の朝一番、9時半からだろうと思います。

以下、通告した質問項目です。


1、新型コロナウイルス症の感染状況と対応について

 1)感染の現状について

ア)感染の現状は「災害レベル」という認識と市の構えについて

イ)救急搬送困難事案の状況と推移は                                                            

ウ)入院対象基準の政府方針と市の考え方、対応は

エ)必要な方が入院できずに、自宅療養、入院待機となっている実態は

オ)自宅療養者の状況把握や食料支援の現状、保健師等の増員は

カ)宿泊療養施設の増設、臨時医療施設の創設を

2)新規感染者、重症者を減少させていくために

ア)妊婦やその家族、基礎疾患を有する方へのワクチン接種の優先枠を

イ)今後のワクチン接種接種促進について

ウ)       PCR等の検査可能数は

エ)       今後のPCR等検査の拡大方針は

オ)自費検査料補助等の市の独自支援を

 3)地域経済への影響と支援について

ア)地域経済への影響は

イ)市の独自支援の取り組みと実績は

イ)各種支援金・給付金等の実績と固定費補助など支援の拡大を

  4)職員等体制の強化を

 5)学校・子育て関連施設の感染状況と対策について

 6)米軍基地・基地関係者の感染状況と対応について

 7)「災害レベル」感染状況に対し、市民を支援するための市独自事業に財政投入を

 

2、議案第68号 令和2年度相模原市一般会計歳入歳出決算

 1)市民生活の実態についての認識と見解は

 2)2020年度決算状況について 

   ア)当初との大幅な見込違いについて

   イ)2020年度の事業廃止や縮小等は

   ウ)実質収支額について

   エ)財政調整基金について

3)財政運営の市民生活への影響について

   ア)徴収強化による影響について

イ)       補助金等について

   ウ)利用料・使用料値上げの影響は

 4)災害対策関連経費について

ア)令和元年東日本台風関連歳出について

イ)土砂災害等への国の財政支援と本市の対策について

5)農林業の決算結果と来年度予算に向けて

 

3、相模原市行財政構造改革プランについて

1)長期財政収支に計上されていない大規模事業は

2)令和3年度当初予算編成時点の長期財政収支について

3)5か所の連絡所や子育て関連施設等地域の公共施設廃止について

4)市単独扶助57事業について

5)職員体制強化について

6)改革プランを根本から見直すべきでは

 

4,相模原市広域交流拠点整備計画について

1)     首都圏南西部国際都市群の位置づけの見直しを

2)     本市の特徴を生かした真に市民が望む都市計画を

 

5,リニア中央新幹線について

1)     盛り土に関する国の法整備の動向と本市の状況は

2)     リニア工事に伴う残土の想定総量と市内での集積箇所、予定量は

3)   「リニア工事に係る影響等調査委員会」設置することについて

 

6、教育行政について 

  1)欠員教員状況、正規、非正規教員の割合と教員確保に向けて

2)コロナ禍での学びの保障は

 

7,議案第69号 令和2年度国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算

1) 決算の状況について

2) 財産調査の結果、生活保護基準以下世帯の数は

3) 傷病手当金について

4)保険税 の均等割の廃止について