2020/07/09

「骨太方針」に「少人数指導」

今日の新聞赤旗 2面

やっと、か~

8日、経済財政諮問会議(議長 安倍首相)が、経済財政運営の基本指針(骨太の方針)
の原案を提示。
少人数指導によるきめ細かな指導体制の計画的な整備」を盛り込んだ、と。

これまで文科省が少人数学級を方針だしても、財務省が待ったをかけて進まない、を繰り返してきました。
小学1年生の35人学級どまり、(2年生は実施する自治体には補助金交付)
小学3年生以降は40人学級制のまま、国際的にも立ち遅れています。

コロナの感染防止のためにも、学級を少人数にすることが
いよいよ迫られ、政府もようやく方針としたようですが、

「少人数学級」ではなく、「少人数指導」となっているところが????

「学級」は生活単位、1学級の人数を減らす
「指導」は算数や国語など、一定に教科のみ、人数を少なくする、

相模原市も、「少人数指導」。小学3年生と6年生のみ、2教科のみ。

もっともっと世論を盛り上げて, 真に少人数学級へと進んでいけるよう、
声をあげていきたい。

日本共産党は1クラス20人程度の少人数学級を求め、教員10万人増を求めています。
国会では、志位委員長が安倍首相に「少人数学級」を求め、「検討していきたい」と答弁を。

全国知事会などの地方3団体も7月3日に少人数学級を求める緊急提言を出しています。

気運が盛り上がってきました。

子ども達と先生に希望と笑顔を!