2019/07/14

自民党の選挙公約の「憲法改正を目指す」は危険

選挙公報や新聞に各党の政策が。
自民党の公約は、その「目指す」先がこわい。直感的に。

「令和新時代:伝統とチャレンジ」、
この言葉でも、違和感があります
が、政策が6つ挙げられていて
最も気になる、こわいのが、最後に堂々と、「憲法改正を目指す」。

ここには「憲法9条に3項として、自衛隊の存在を入れる改正をする」とはないが、
 自衛隊が海外での戦争に「集団的自衛権」の名で、出動することができる改正ということ。
 戦争法、共謀罪、秘密保護法、ETCを強行採決した自公。
そして、自衛隊が堂々と海外へ出動できるために
憲法9条の改正を今度の選挙公約に掲げ、一気にその方向へとすすもうとする・・・

 今度の選挙、
岐路に立つ選挙。

 心込めて、語りたい。