2018/10/25

第35戦闘維持支援大隊から,第35戦務支援大隊へ日本語名称変更へ

本日18:34分 議会事務局より情報提供のFAXが入りました

 ①南関東防衛局からの「第38防空砲兵旅団司令部は10月16日から活 動を開始している

 ②参考情報
 第35戦闘維持支援大隊から、第35戦務支援大隊へ日本語名称変更へ 

 ③約90名が2-17年10月任務要件の理由により相模総合補給廠からキャンプ座間の既存の建物内に移駐した。追加的な建物の建設はありません。
                              以上

 この内容では、???が。

 ①何故、日本語名称を変えたのか?(米軍は変えていないのに、日本側が変えた❓ 何故???)
 ②キャンプ座間へ移動したら、これまでこの組織が補給廠で行っていた任務はどうなるのか? 任務を別の組織が行うのか、キャンプ座間から「通勤」してきて行うのか????
 ③「任務要件の理由」って?????
 ④キャンプ座間の既存の建物って?
  可能なスペースがあった、ということになりますが、どこ???


 相模原議会の基地対策特別委員会は明日、「横田基地」視察に行きます。オスプレイの状況を視察することができるのでしょうか

 本当にきな臭い、不安がおきてきます。
トランプの脅かし外交や軍事費の拡大、武器を爆買いする日本の追従的姿勢、日本はもはや戦前だという人もいます。