2018/04/18

不安なTPP11 

今日の記事から

 環太平洋協定(TPP11 加盟11カ国)新協定 「TPP11」の承認案が17日衆院本会議で審議入りに。

 農林水産業と国民生活に大きな打撃を与える協定のうち、
ISD条項(多国籍企業が投資国を提訴するも)22項目は「凍結」されたそうですが、「凍結」だから、復活する可能性を問うたところ、経済再生相は「凍結終了には締約国全体の合意が必要」と。危険があることを認めた、というくだりです。

 また、日本共産党田村議員は、「TPP11は、米国が日本に大幅な譲歩を求めていく、出発点になる」との警告をした、と。

 安倍政権は危険、
  米軍基地の存在が国民の安全を脅かすと同時に、経済主権を奪い
 従属関係を進める危険性がすすもうとしている。

 断固、反対です。
国会議員、頑張ってほしい。