2020/05/05

「軍事でなくコロナ感染対策に」、いまこそ、軍事費削減を!

「韓国が軍事費削減してコロナ対策に」の赤旗の記事があり、日本の国会での議論がこの角度からされるかどうか、気にしていました。
今日、5月5日の赤旗日刊紙に軍事ジャーナリスト・元東京新聞論説兼編集委員 半田滋氏のインタビュー記事が載っていました。

 軍事費よりコロナ対策費へ、日刊紙1面と2面に載せています。

 韓国の紹介
●韓国は4月30日の補正予算で、F35ステルス戦闘機やイージス戦闘システムの米国からの購入費支払い(国防費 約795億円)を来年に先送りし、全世帯に支給する「緊急災害支援金」の財源とする、と。

一方日本はどうか。

半田氏は
 少なくとも不急な武器については韓国のように先送りをすべきと、主張。
先ずはF35ステルス戦闘機
 もともと防衛省が計画していたのは、42機
 ところが、あのトランプ大統領からの圧力で、105機もの爆買いに。
その9機分が今回の補正予算に計上されている、と。

ここからがすごい。
安倍政権は
F35ステルス戦闘機は「退役するF15戦闘機の代替」、といっているようですが、米国でさえ、F15戦闘機はまだ現役だそうな。
つまり、「まだ現役なのに、使えるのに、廃棄して米国の要求に応え購入しようとしているのです」、と。

 なんなんだ! 日本という国は! 米国の要求、圧力に屈してここまで・・・・!

そのほかにもつぎ次と。
イージスアショア、辺野古新基地建設、
これから夏にかけて「米軍 思いやり予算」の特別協定の延長の協議が始まるそうですが、
米国の態度を見ても、米軍駐留費の大幅な増額を要求することが想定されている、と。

 軍事削って、コロナ対策費に!

国会議論や国民運動になってほしい。