2019/11/22

連日の怖い記事 F35 日本147機導入へ

今日の朝日新聞記事 1面、2面
F35 最新鋭ステルス戦闘機 米国で3359機 生産中
13か国で導入予定
 日本は米国についで、多い147機  総額6.7兆円!

製造コストが高く、維持費が特に高い
ところが、安全性確保に必要なスペア部品の生産がおいついていないので、
飛行できない!

ここからがこわい
日本政府はF35を当初42機導入予定
  ところが、
105機の追加調達になった!!
18年12月に閣議了解で!
 トランプ大統領からの「爆買い」

取得費に維持費を加えると 147機で、総額6・7兆円

米政府から兵器を買う有償軍事援助(FMS)は19年度予算で、過去最大7013億円
10年前の11倍!

社会保障費がどんどん削減されながら、こうした軍事費はウナギのぼり
危険な動向、危険な法律を強行採決し、
膨大な軍事費は過去最大を更新し続け、

最後はひとづくり

「守りたいものがある!」
自衛隊募集のチラシが自治会回覧板で回される事態にまでなっている日本
危険、危険。

市民文化祭 

「小児医療費助成 高校生までに。中学生の一部負担金やめて」市と懇談

昨日は、市民団体と市との上記テーマでの懇談会に同席させていただきました。
昨年、中学3年生までの医療費助成拡大されましたが、
高校生までさらに引き上げを検討、実施してほしい、との要望に関連に、
市民や医療現場からの
声をとどけました。

様々な資料を示しながら、それぞれ意見交換をおこないました。
県内では、中学卒業まで、の助成、無料を行っているのが、本市含めて28団体
 小学卒までが4団体

相模原市は年齢引き上げとともに、患者は、1回500円上限での一部負担金を窓口で支払いことになります。(500円以下は実費、500円以上は500円のみ)

一部負担金を徴収しているのは、28団体中5団体、多くが一部負担金なし、
無料や一部負担金になる人は全て全員ではなく、所得制限があるのが、19団体

 所得制限も全くなしなのは、13団体

相模原市の水準は、通院対象年齢は中学卒業まで、
一部負担金は、小学校卒まではなし、中学は通院1回500円
所得制限は0歳はなし、1歳~ 新児童手当の所得水準

この自治体間の格差は、神奈川県の姿勢にあると思います。

全国20政令市で比較すると外来助成対象年齢が、中学3年生まで、が  10市
高校生まで、が、2市 大阪市と堺市

一部負担金は全ての自治体で金額はいろいろですが、行っています

本市では、中学生の一部負担金500円は徴収しますが、非課税世帯の家庭は無料
を実施しています。実績を伺いますと、
 約600人、5%  とのことです。

子どもの貧国が深刻になっているなか、一歩一歩の前進を願い、せめてこの所得制限の水準を引き上げ、無料対象者を増やしてほしいとお願いしました。

2019/11/21

武器見本市 なぜ日本で開催ー朝日新聞

本日11月21日付け朝日新聞 29面 によれば、

「いったい何が展示されたのか、何故日本で?」、と。

 銃、装甲車、暗視スコープなど
 出展は、20か国の154社
 ひときわ明るく広いのが、日本ブース IHI,三菱重工など61社
 実演しながらの説明

 ブースごとにコーヒーや軽食が用意されている
 会場の見えない商談室で交渉

 ゾットするのは、
防衛省は2020年度概算要求で 5兆3223億円
7年連続の増加

主催者の一つの担当者の声
「日本の防衛予算は増え続け、世界から注目されている
アジア太平洋の防衛市場への参入ルートを探す企業が増えている」 (ぞっ!ー)

英企業の取材をしたらしい文章

「日本の市場は未開拓で金の卵に見える。きょうは、多くの
自衛隊員がブースに来てくれた」、と。

 主催者の一つ
「クライシスインテリジェンス」の浅利代表は
「海外バイヤーに日本の技術力を見せる機会になる」、と。

日本は、
2014年に武器輸出三原則」を改め、一定条件を満たせば輸出できるようにした

興味を引くのが、
出展の日本企業は出展の異議を口ごもるケースがほとんどだと。
日本の展示品が、「災害時や日常にも使える技術」であると強調していたと。

そして、記事最終では、
「憲法で戦争放棄を掲げる日本で、和やかに武器売買の交渉が進む」の一文が。

 さらに、ゾットするのは、
「DSEIは、今後も2年毎に日本で開催するという」の文。

毎日のように、次から次に、目をひく国内外の事件、事故が報道されるが、
日本の軍事産業界で進む、このような流れをマスコミはきちんと報道してほしい。

あのときが転換点だった、もう引き返しができない、「今は戦前」にならないように。


明るい記事が4面に

「国民投票法
 成立見送りへ
  
自民党と公明党

自民党幹部の声
「桜を見る会で批判されているなかでの採決強行はよくない」と。

  (強行採決、やっぱり狙っていたんだ!)
 桜を見る会の国会論戦、国民の怒り批判の声が流れを変えた

 昨日夕方はスーパー前で宣伝を行い、関心の高さを感じました

2019/11/20

11月19日 建設委員会 条例改正議案と補正予算審議

主な内容は、台風19号被害対応と、人事委員会勧告等に対応する職員給与等に要する経費です。

 総額43億円のうち、災害救助、救援等の主なものは、民生費で、災害援護事業  1億2000万円、、災害救助費  6億5600万円、災害復旧費 公共土木施設災害復旧費 29億2200万円、予備費に1億円

 建設委員会では、この公共土木施設災害復旧費 29億2200万円についての審査が行われ、総員賛成、本会議でも補正予算は可決となりました。

  道路関係補正29億円中、復旧事業に19億円、10億円を今後の対応分として補充として増額。
 市債として23億円計上されていますが、今後交付税措置されていくとのことです。
 いつから、何年間かけて、いくらの交付税措置となるのかは、現時点ではわからないとのこと。

 現時点での通行規制は、24路線、23箇所
 
 2か所は車が通行できない状況だが、応急復旧で歩行者は通行できる状態で、「孤立状態」という状況ではないとのこと。

 「法面」崩壊」について、これは、管理する道路の部分と違って、山、民地の場合の
 費用負担について質問したところ、今後県と調整に入っていくとのことです。

 今回は、国道は本復旧、市道は仮復旧対応の補正予算ですので、3月補正もでてくる、と。

激甚災害指定がされていますが、今回の補正では、まだ、見込んでいない数字が出されていますので、今後国庫補助率のかさ上げがあるのか、聞いたところ、
 査定されて国からの数字がでてくるようです。

 市の職員体制については、局内応援体制で対応している、建設局で3名の増員となっているが、内示を見て必要ならば職員増の要求をしていきたい、とのことです。

 道路関係の復旧は、2020年、オリンピックロード整備を完了しておかなければならないこと、今年冬の積雪、来年の梅雨、台風など、万全の対策を取る必要に迫られています。

 職員のみなさんの心身の維持のためにも、必要な職員体制をとることを要望しました。
 

世界最大規模の武器見本市が千葉幕張で

しんぶん赤旗 日刊紙 本日号 2面

「武器」関係の記事は、すぐに目に留まる
世界の武器・兵器が展示される国際的な見本市
「DSEI JAPAN」の記事

DSEIは英国で2年に1回開催されてきた世界最大規模の武器見本市
はじめての海外開催が、日本、JAPAN!

憲法9条のあるJAPANで!

ここ(千葉 幕張)では、6月にも別団体での武器見本市が開かれたばかり、と。
見本市後援が、防衛省、外務省、経済産業省
  ここにもゾットする

防衛装備省が10式戦車を展示と。
国産? 海外輸出の為?

記事の中で、
主催者の声が
「日本は、過去前例のないレベルで防衛力の強化を目指している。
日本の防衛強化計画は大きな関心を集めており、アジア太平洋地域の防衛市場
に参入するためのルートを探している企業が増えている」

   武器・兵器で儲ける企業が、チャンスと狙っている!

戦争、紛争は軍事産業は儲けのチャンス!
今、日本がどんなに危険な位置にあるか、
軍事産業の状況を
 追跡、報道しているしんぶん赤旗

国民が知るべき情報!



2019/11/19

あまりに「心亡ぶ」

忙しい、という言葉は、「心が亡ぶ」という字。

大事なことに精いっぱい心を集中させるので、。
自分が「疲れている」という自覚がない。
自分では「元気いっぱい」のつもり。

 でも親しい人から、どうしたの?疲れているようだね、って
言われるとどきっとする

自分のリズム、
自分の心の栄養
自分の時間を
つくること、それは自分の責任

でも今の世の中の
「自己責任」論ではなく、「働かされ方」が問題だとの認識は
必要だと思う、


日本共産党 第8回中央委員会の綱領第5章
ー「発達した資本主義国での社会変革は、社会主義、共産主義への大道」ー

 「労働時間の短縮のルールが社会全体に広がることは、未来社会にすすむうえで、その客観的および主体的条件をつくりだす」


 で、隙間時間をつくり、絵画鑑賞へ


2019/11/17

また!タレントの薬物報道、桜を見る会や、思いやり予算3倍の報道は?

突然またもやの、タレントの薬物報道
またワイドショーが連日さわぐのでしょうか、

 桜を見る会や米国の思いやり予算の異常な要求がでたとたんに!

目をそらさせる?

こんなことが来り返される日本
いつまで、こうした目くらましを、権力機関はやり続けるのだろう

日本共産党の党大会が来年1月に行われ、今回綱領の一部改訂も行われます。
今、党組織内での討議が始まっています。

未来社会へ、今どんなに困難があっても、1日1日を積み重ねて、1歩1歩近づくため
に、自分の人生を自分らしく、重ねていきたい。

 今日は、先生たちの会合に出させてもらいました。
現場の実態をきかせていただきました。
困難ななかでも、こどもに寄り添い、「元気」で「今」を乗り越えていく、
若い先生の姿に元気を分けていただきました。


2019/11/16

「桜を見る会」、国民の関心と怒り広がる

今週も、定例の早朝駅頭宣伝を、相模原駅、上溝駅で行いました。
 毎月発行の松永レポートとしんぶん赤旗日曜版 11月17日号宣伝紙を示しながら話したのですが、いつもよりも、通行していく人の反応を感じます。

 上溝駅は朝6時半からの1時間ですが、昨日は、終わりごろに青年が目の前にたって、
じっと聞いててくださるので、こちらから挨拶、話かけました。

 「僕はずっと共産党を支持しています。
 赤旗も過去、読んだことがあります。
 ぜひ頑張ってください」

 一期一会ですが、松永レポートに記してある私の携帯番号を伝えました。

 朝の短時間でも、時に心に残るような「ドラマ」があり、その感動を心に
元気をいただいたり、元気を取り戻したり・・・です。

 先日、私の携帯に市内中央区の「創価学会員」ですという若い男性から☎がありました。
田村智子共産党参議院議員の国会中継を見たようで、その感想を伝えてきました。

 まず、第一声が
「ありがとう」でした。

 国会でのあの胸のすくような追及に感動したようです。

私も見ましたが、「税金の私物化」疑惑の今度の問題
「中止」で幕引きに終わらせることはできません

 野党のチーム力を発揮して徹底追及していただきたいと思います。
国民とマスコミが注視しています

2019/11/15

原則「新規・拡充事業の凍結」及び「大規模事業の一部凍結」を行う、って!

11月12日、13日に行われた議員全員協議会で、
 「相模原市行財政構造改革プラン」の説明が行われました。

「相模原市総合計画の基本構想(令和元年6月議決)で描く本市の将来像を実現するために、行財政運営の構造を抜本的に改革する必要がある」ことから、「相模原市行財政
構造改革プランを策定する。と。


本市の財政状況を5項目で説明しています。1~3までは、これまで指摘されていた点ですが、今回新たに

 4、「麻溝台・新磯野第一整備地区土地区画整理事業において、一時的に多額の経費が生じることが想定されており、本市財政を取り巻く環境を益々厳しいものとしています」、と。

 ???と思って先を読み進めると、

「なお、麻溝台・新磯野区画整理事業に係る地中障害物処理費用の一時立て替分を含んでいます。」  と。

えっ! 地中障害物処理費用の一時立て替分を含んでいます。」 って?

何を意味する?
で、質問しました。

すると、答弁は、60億円~100億円のごみ処理費用を市が一時立て替える、ということらしい。

で、質問しました。

60億円から100億円って幅があるけど?

100億円を令和2年度からR5年までの4年間、建て替える、よう。

(この考え、方針、唐突!初めて聞くことです!)

さらに、

 「長期財政収支の状況」(令和2年度から令和9年度まで)推計では、収支、毎年赤字
最終年度2027年は134億円も赤字!
 という数字。

「今後具体的に削減目標額や主な廃止・見直し事業を明示します」と。

(市長の選挙公約はどうなるんだろうか?)

さらに進んで、

令和2年度予算編成方針では、実施計画(前期)が存在せず、(1年間策定しない、空白にする)
「実施計画事業にあっては、取捨選択の基準がないことから、原則として、新規・拡充事業の凍結」及び「今後本格化する大規模事業の一時凍結」を行うこととする」、と。

 ただし、 ア、市民生活に直接かかわる喫緊の課題に対応するために必要となる経費
       イ、災害復旧等に係る経費
       ウ、公共施設の長寿命化事業、橋本駅周辺整備推進事業、(仮称)新斎場整備事業、次期一般廃棄物最終処分場整備事業等 行政の責務として必ず実施しなければならない事業は実施していく


 橋本駅周辺整備推進事業、進めるって?

 で、質問しました。

 「京王線の駅移設事業は?」 (リニア橋本駅側に京王線の駅を移設するー乗降客の利便性向上のために)

 答弁は計上していない、と。

えっ、京王側と「協議中」って、ずっと答弁していたのでは!

で、「大規模事業を一時凍結」、の大規模事業の具体的事業名を質問しましたが、答弁はなし。

 で、振り返って、前市長の時に市が言ってきた大規模事業は、

こちら

 大規模事業は見直し、凍結等が必要なものも確かにあると思いますが、このような急激な
市の方向転換、市民への説明があまりに不十分だと感じます。

気になるのは、相模原市は市単独扶助費が第1位だと強調している点です。
まさか、ここを削減していこうとしていなか、注視していきます。

2019/11/12

台風19号 行方不明 1名 遺体が発見される


 消防局警防本部 情報提供あり

〇緑区牧野で身元不明のご遺体が発見される
  11月12日 (火) 午後3時頃

〇重機による捜索、並びに消防隊、警察 及び自衛隊の手作業による捜索¥救助活動中に
  発見される


  台風19号は、いつものように普通に暮らしていたお二人を、土砂崩れが一瞬にして遅い、
 やっとお二人の遺体が発見され、一緒に・・。


 安らかにお眠りください  合掌

福島県議選、海老名市議選、議席確保、いいね!

2名の海老名共産党市議、5名の福島県議が議席を維持することができました。
福島の「宮川えみ子県議」は、心から尊敬できるかたです。
えみちゃんブログで、あのえみちゃんスマイルが温かさを、災害救援活動の様子が頼もしさを
存在感があって、本当にすごい人だと思います。

 昨年、日本共産党中央本部で、党勢活動の経験交流の場があって、初めてお会いしました。
小池晃副委員長をまじえてですが、緊張することもなく、わきあいあい、お話しの内容はすごいな、とおもうのですが、見た感じがきさく、初対面の人でも「緊張させない人。

共産党議員のすごさ、強さ、あたたかさ、
初めて目標にしたい人に出会えた喜びも感じた人でした。

これからも遠くからみていますよ、っていう感じです。

早速ブログに送信しました。

2019/11/11

12月定例会議 スタート 。明日は全員協議会

 本日議会運営委員会が開かれ、12月定例会議の議案書、補正予算書、陳情等が配布されました。提案説明の本会議は19日 、代表質問は27日、28日です。


 明日は議員全員協議会が開催されます
 重要な案件の説明が行われます

  〇令和元年台風第19号に伴う対応について
  〇相模原市都市計画マスタープラン(案)
  〇相模原市立地適正化計画
  〇総合計画基本計画について
  〇受益と負担の適正化に伴う使用料等の見直しについて
  〇「(仮称)相模原市行財政構造改革プラン」の策定等について
  〇麻溝台・新磯野第一整備地区区画整理事業の取組状況及び検証の経過について


 どれも極めて重要な案件ですが、これを一気に説明、
 議員からの質疑を受ける、ということです。

傍聴が可能です。
第3委員会室にて行われます。


また、「住民基本台帳ネットワークの一部不具合」が!

11日区政支援課より情報提供がありました

「本日11月11日、午前8時30分から、地方公共団体情報システム機構(J-LIS)が所管する
全国サーバである住民基本台帳ネットワークシステムに障害が発生した」

えっ!先日6日にも、不具合が生じていたが! (先日とはまた少々不具合の内容が違うが)

こちら

「このことにより、市民がマイナンバーカード等に搭載されているコンビニ交付等で
利用する電子証明書(ネットワーク上での署名)の発行業務及び更新業務ができない状況」

「影響範囲 
電子証明書の有効期限満了に伴う更新不可
住所変更時の電子証明書書き換え不可」

原因・対応
 現在J-LIS で調査中


 市は市民はだた、じっと待つのみ。

ちなみに本市においてマイナンバーカード交付は20%以下。

今後このカードと買い物時のポイントで活性化につなげることを予定している、全国民
に普及させる予定とか。

こんな、しょっちゅう不具合を発生させる「マイナンバー」関連事務って不安、危険では?

2019/11/05

「住民基本台帳ネットワークと住民記録システムの連携不具合」

本日区政支援課よりの情報提供がありました。

「11月5日、午前8時30分から10時43分まで住民基本台帳ネットワークと住民記録システムの間の
連携がおこなえない事象が発生した」

このことから、
「市民がマイナンバーカードの住所変更やマイナンバーを利用した転入届の処理システムで実行できない影響を午前9時17分に確認した」

で、原因と対応は、

原因:11月5日から旧氏を住民票等に併記できる制度を開始するため、11月3日から4日にかけて
受託事業者がシステム作業を行った際に、必要な設定を行わなかったため。

 👇
住民基本台帳ネットワークシステムと本市の住民記録システムの連携が実行できなかった

市民にとっては、
どんな事態っとなったか、



マイナンバーカードを利用した転入 ・継続利用  4人  本日再来庁、
マインナンバーカード券面事項更新   後日再来庁 11人
マイナンバーカード交付申請書の発行  申請書郵送対応  10人

  合計 25人

 約2時間13分の間に、25人の方に影響があったと。

んん、「必要な設定を行わなかった」??

「再発防止策 として、手順書作成時より内容確認及び障害発生における更なる原因究明を
行わせることで再発を防止する」

どこでも、「専門家、技術者、職人」等の人材不足が生じているのではと思ってしまいます。

マイナンバーカードに関係する事務作業が外部関連業務でこんなにもろいとは!
設定しなかったミスは、ことがおきてからでないとわからないということがわかった。

根絶はできそうにもないかも・・・・・!また起きる可能性を否定できないかも・・・・!


 



2019/11/04

松永レポート 11月号

松永レポート 11月号

こちら


10月の19号台風被害と、大規模事業が、今どんな段階か、
「相模原って?」,12月定例会日程などをお知らせしました。

現在6500部を市内に配布しています。

2019/11/02

牧野地区、行方不明者に関する市からの情報提供 

この現場は近くまで、行きました。
大きな土砂崩れ、幅、長さに衝撃を受けました。

この地域の亡くなった方の場所、行方不明の方の場所です。
目を閉じれば、思い出されてしまいますが、この件に関する情報提供がFAXされてきました
(11月2日 21時5分)

「崩落現場の下流の沢での捜索、救助活動で、車両1台が土砂に埋もれた状態で発見された。
日没のため活動終了
明日、引き続き、活動再開」

南区の知り合い 息子さんが市の消防士
数日間、緑区の救援活動で数日間帰宅していない、と。

今おきていること、根底的な不安が相次いでいます。
火山噴火活動、地震も。
事件も、事故も、怖いし。

それでも、1日1日が過ぎていく・・・・。

声をあげれば、止まる!英語民間試験、見送り!

連日いろんなことが、次々と起きます。
悲しいこと、つらいこと、嬉しいこと、感動的なこと・・・

今日の新聞で、「おっ!」

 「英語民間試験見送り」

「受験機会に格差」の文字も。
2020年度から始まる予定だったようですが、受験や高校等教育界からは反対の声が
上がっていた問題です。

 萩生田文部科学相のあの「身の丈」発言で、 2020年スタートは見送ると、
2024年度までに、抜本見直しへ 急転回。

 高校生たちが、先生たちが、国会では日本共産党はじめ、野党が
 中止法案を退出したりと、声をあげてきた、
 そこに、あの、「身の丈」発言で一気に世論が沸騰。

変わること、止まること、あり得るんだということは、「希望」です。

マラソンが東京から札幌へ変更も!
驚きです。

このタイミングで変更なのも、驚きです。

真夏、誰が考えても、「暑すぎる」無理、という時期で行おうと
してきたことがこの土壇場で「変更」!

 っていうか、8月開催、って他の競技は大丈夫なんだろうか、と心配になります。

相模原市内を通り抜けるじて自転車競技。
暑さが心配、道路復旧が間に会うのか、心配

 

2019/11/01

台風19号被災 住宅への対応は

19号被災者への住宅 全壊、大規模半壊、半壊、二次災害で
住宅が被害を受ける恐れのある市民等への「みなし仮設」がスタートしました。

10月31日時点で、市内の住宅被害は
 全壊    24棟
 半壊    42棟
 一部損壊 56棟

みなし仮設と応急修理は災害救助法に基づく支援ですが、
両方を併用することができないことが、現実的な課題となっています。

応急修理中で、現実は、その住宅に住めない、避難をしている方が
修理完了で住める、戻れるまでの間は「みなし仮設」に入居できないのです。
どう考えても、この部分は、実態に合わない。
市しての対応を図っていただきたい点です。

市のHPは
こちら