2019/09/27

本日 一般質問をおこないました

一般質問は3項目、 「一問一答」でおこないました。
 「一問一答」は、各項目ごとの1問目は市長答弁、2問目以降を局長、部長と1問1答でやり取りをします。

 1、加齢性難聴の方への聞こえの支援を
 2、介護人材の確保・定着に向けた取り組みについて
 3、連続する市民負担の増加と暮らしへの影響について


議場での質問は以下の通りです。


日本共産党の松永ちか子です。 一般質問を行います。

はじめに、加齢性難聴の方への聞こえの支援を求めてです。
1)    支援の必要性についてです。
加齢で耳が聞こえづらくなり、家族や社会でのコミュニケーションに支障をきたし、孤立しがちになる加齢性難聴の問題は、認知症との関係からも、国でも意識されるようになっています。

 70デシベル以上のかなり重い難聴で、障害認定される程度の難聴ではなく、ここで取り上げる加齢性難聴とは、全ての人が年を重ねることで難聴となる可能性がある難聴の問題についてです。

 2012年3月、厚生労働省の「介護予防マニュアル改訂版」では, 
「社会活動が不活発であることが認知症の発症リスクを上げる」、「閉じこもりは認知症の発症のリスクとなっている可能性がある」としたうえで、閉じこもりの身体的要因の1つに「聴力の低下」をあげています。  
 
 
 また、厚生労働省の2015年の認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)でも、難聴は認知症の危険因子の一つとされています。
 加齢で目が悪くなれば眼鏡で、耳が遠くなれば、補聴器で身体機能を補完しますが、しかし、高齢者のなかでも、所得格差が広がるなか、補聴器は高額で買えない、という人もいます。 加齢性難聴の方への支援は、高齢者の日常生活の質の向上や介護予防の観点からも適切な行政対応が求められていると考えます。

  補聴器購入助成等加齢性難聴の方への支援の必要性について、市長の認識を伺います。

 
2)    次に本市においても支援策の実施を求めて伺います。
  本市においては、重度の難聴で障害者として認定され、障害者手帳を持つ方は、補聴器購入や更新に助成がありますが、中・軽度の加齢性難聴の方への補聴器購入に対する助成制度は実施されておりません。

全国的にみると、現時点では、20自治体が65歳~、70歳から などの年齢基準や住民税非課税世帯などの所得基準など、いくつかの条件を課して、聞こえの支援を実施しています。


 
高齢者が安全で、日常生活の質を落とさずに生活を維持するため、本市に
おいても、まずは補聴器購入等助成にむけた、検討を始めることについて、お考えを伺います。


 次に、介護人材の確保・定着に向けた取組についてです。


私は、2014年9月会議の代表質問で、福祉人材の確保と定着、メンタル相談等の組織的対応を求めてきました。

介護などの高齢者福祉はじめ、障がい者福祉、児童福祉現場で働く人材の確保・定着に向けた効果的な取り組みが喫緊の課題となっているからです。

  市は、昨年12月に「介護人材の確保・定着育成に向けた取り組みを推進するため」にと、介護職員、介護サービス事業者へ調査を行い、今年3月に「介護職員等に対する就労意識調査報告書」を発表しました。

現在の仕事や施設・事業所に対する不満、悩みや苦労についてでは、「人手が不足している」が67.8%と最も高く、「次に給料等収入が少ない」、「有給休暇が取りにくいなどとなっています。

 市は、この調査結果について、どのように受け止めておられるか、まず伺います。
 
次に、従事者へのサポート体制の充実についてです。

こうした調査結果を分析し、効果的な施策に生かすことが大事になってきますが、事業者からも、介護職からも「人手が不足している」との切実な結果となっています。
 市は、この9月補正でも人材確保に向けた新たな取り組みを提案されていますが、様々な角度から、対応策が求められています。

新しい取り組みとともに、現在従事している職員へのサポート体制も重要です。

施設や事業所などで働く職員は、仕事上の悩みなどから、メンタル相談等が必要な場合があり、すでに横浜市や川崎市などでは、社会福祉協議会と連携して取り組みを進めています。

本市においても、人材の確保を図るうえでは、従事している職員のサポート体制の充実を図る必要があるのではないでしょうか。
 
市は調査結果を受け、具体的に、どのような取り組みを進めていく考えなのか伺います

次に3、連続する市民負担の増加と暮らしへの影響についてです。
各世代にわたる貧困と格差の問題は、様々な社会問題をも引き起こし、国民の暮らしと将来への展望を描けない、ゆがみをもたらし、大きな政治課題となっています。

  今議会、我が会派の代表質問で、市民のくらしの実態について、認識を伺いました。市長は、「雇用環境の改善がみられる」とか、「消費者態度指数の減少傾向がみられるので、必ずしも楽観できる状況でない」とのご答弁でした。
市民のくらしをどう見ておられるのかが、つたわりません。

ここで、改めて伺うのは、暮らしが苦しくなった、と感じる市民が増える中、代表質問に対する答弁の中で、来年度、公共施設の使用料等、市民への負担増の予定・可能性が示されたからです。

10月の消費税増税につづき、来年度からの介護・医療の負担増、年金引き下げ、実質賃金の連続低下などが市民のくらしに迫ってきます。

 

国政から、市政からと二重三重に負担増を迫る環境にあるのか、市民のくらしの実態を把握すべきと考えますが、見解を伺います。

 

次に公共施設の使用料等の値上げ予定についてです。

 

今回の値上げは、平成24年策定の「受益者負担の在り方の基本方針」にそって、提案されようとしています。この基本方針では、「3年毎に各施設のコスト平均を算出し、負担割合の基準に照らし、各使用料等を見直す」という流れです。

前回は43施設のうち、引き下げになったのは、一つ、火葬料は無料から有料へ、その他の施設は2倍から5倍、10倍までの最終目標値である仮料金が示され、急減な値上げを避けるとして、激変緩和として、1,3倍内に抑えての値上げでした。

 

1.3倍以下の料金に抑える、ということを繰り返して、最終目標値の「仮料金額」にするというのが、基本方針の考え方です。

 

今回の代表質問に対する答弁で、「公共施設の使用料等の改定については、消費税率の引き上げ分も含めて、来年3月に改定条例を提案し、10月に実施する」との、スケジュールも示されましたが、景気の動向、市民生活への影響など、市民の暮らしの実態を見てから、改めて判断する必要があるのではないかと考えますが、市長の見解を伺います。

 

次に、3)「受益者負担の在り方の基本方針」そのものの見直しをすることについてです。

市民のくらしの状況を鑑みることなく、「受益者負担のあり方の基本方針」通りに3年毎に見直し、3年毎に大枠は値上げする、という姿勢でいいのでしょうか。

市民の声を聞くこともなく、自動的、機械的に改定していく、値上げをしていく、このようなすすめ方でいいのかどうか、を問いたいと思います。

 

この方針に通りに進めていけば、大幅な料金となる最終目標値、市の示す「仮料金」まで、値上げが続くということになります。

市内景気の状況、市民の家計状況からいっても、「受益者負担の在り方の基本方針」そのものを再検討すべきではないか、こうした進め方そのものを見直すべきではないか、という点について、市長の見解を伺います。

 

最後に市単独扶助費の見直しについてです。

 毎年、市単独扶助費についても見直し、事業をいくつか、廃止をしています。事業を時代の変化、他制度との関係等で見直しをしていく、ということについては、理解できるものですが、住民の福祉の増進という点で、影響が大きいもの、後退が危惧されるものなどがあります。

これらの事業は、憲法の基本的人権や幸福追求権、地方自治法で、市の責務である、住民の福祉の増進等の考え方に沿って、市独自で推進してきたものと考えます。

これも都市経営指針、アクションプランにそって、削減されてきています。

今後も方針通りに市単独扶助費を見直し、削減されていかれるか、市長のお考えを伺います。
 

 


 

2019/09/19

定時定点の宣伝活動再開

18日の水曜日の駅頭宣伝から、定時定点の宣伝活動を再開しました。

8月中はなにしろ暑い!
7時~8時の間でも暑い!
街頭宣伝でもとてもとても続けられない。
ということで、9月~再開予定だったのですが、
9月に入ると、本会議、委員会等に重なり、お休み。
雨の日も休みと、休みがつづきました。

久しぶりの宣伝活動、
駅頭では、「久しぶりだね。どうした?体調でも悪かった?」とお声が
かかりました。水曜日、意識してくださった!
 大きく手を振ってくださったり、笑顔を見せて下さったり、

街頭では、マイクを止めて、つぎつぎと話こんだりと・・・・
直接お話しができることは、元気の源です。

今日午前の上溝スーパー前での宣伝時に、自転車に
乗った中年男性が話かけてきました。
「自分は上溝だけど、母親が田名に一人で住んでいるので、
しょっちゅう、母親に会いに行くんだよ」

中高年女性
「近所に共産党の後援会の方がいるんですよ。
今日は、久しぶりにスーパーに自転車に乗ってきたんです。
会えた嬉しいです」

政治談議とかではない、何気ない話もしてきてくださる・・
身近な友達のように、・・・・
嬉しい!

一緒に生きる現時代。
精いっぱい生きましょう!

人生捨てたもんじゃないな、っていう経験一杯したいね、という気になります。

気張らず、肩はらず、自分の言葉で語る。

夕方は訪問活動を。
直接訪問し、いろいろな話ができることも、地域の状況、暮らしの悩みを伺うことができますので、楽しい活動でもあります。

夜と早朝、日中は時間をとって、一般質問の原稿
書きを進めています。


 


 

一般質問 通告しました

17日に一般質問の通告書を提出しました
以下の通りです。

私の質問は27日、3番目 午前の最後になるかと思われます。
お気軽に、傍聴にお出かけ下さい。


1 加齢性難聴の方への聞こえの支援を

 1)支援の必要性について
 2)本市も支援策の検討、実施を

2、介護人材の確保・定着に向けた取組について

 1)介護職員等に対する就労意識調査結果について
2)従事者へのサポート体制の充実について

3、連続する市民負担の増加と暮らしへの影響について

 1)市民の暮らしの実態に対する認識
 2)公共施設使用料等の値上げ予定について
 3)「受益者負担の在り方の基本方針」の見直しを
 4)市単独扶助費の見直しについて









 


 



 

 
 

 

 
 
 
 
 

 

 
 

 




 








 









 




 



 

2019/09/15

台風15号の被害拡大、停電いまもなお

連日、台風15号の被害状況が連載されています。
今日は、赤旗で、農家の状況。農民連、被災地の被害調査の結果を。

 農林水産省 被害 12日現在で193億円 
紙面には、収穫前のナシが8割も落下

ハウスが壊れる、停電で牛が乳房炎で死亡なども。

台風被害は、台風の進路次第で、どの地域が被災地になってしまうか、
わかない、決して「他人事」ではない問題。

政治的な被災地支援をきちんと行い、生活再建、事業継続支援を
行ってほしい。



 今日は、全国囲碁・将棋相模原地区大会が行われます。

  時間:午前10時開始
  場所:相模原市民会館 第会議室
  申し込み:当日会場で受け付けます

 参加費:1500円 (小中学生 800円) 昼食付、参加賞もあります

2019/09/12

相模原市議選 「同数問題」、県選管「棄却」

注視していた、県選管の採決が発表されました。

  4月の市議選 3158票 最下位同数の問題で、
 落選となった松浦氏からの県選管への申し立てに対する
採決では、「棄却」ということになりました。(10日付け)

 10万6930票、全票を再点検して、「同数」という結果だった、ということです。
 県選管では、「まつうらちか子」が2票、松浦ちか子が1票、
 この3票をすべて「無効票」と判断した、ということです。
 
 県選管の理由は、「いずれの候補者の一方に近似するとはいいがたく
いずれの候補者氏名を記載したのが、まったく判断しがたい」との考えからです。

 公職選挙法では、採決に不服がある場合、30日以内に高裁に
提訴できる、とされています。
 朝日新聞記事では、松浦氏は、「提訴の準備をすすめたい」と記されています。

祖母が選挙投票日前に、一生懸命、投票する人の名前を書いて
練習していたのが思い出されます。

1票、1票、が積み重なる・・・・・

選挙での1票の重み、改めて重く受け止めているところです。

くじ引きで当選となり、議員として頑張っている今宮議員は一層、
自分の議席の重さを感じています。

今日は今宮議員は初めての2回目の市民文教委員会です。



 

2019/09/05

京都大学「自由と平和のための京大有志の会」声明

ま綱がレポート 2015年 8月号で紹介していた京都大学「自由と平和のための京大有志の会」声明に再び感動
以下 紹介します。

 戦争は、防衛を名目に始まる。
 戦争は、兵器産業に富をもたらす。
 戦争は、すぐに制御が効かなくなる。

 戦争は、始めるよりも終えるほうが難しい。
 戦争は、兵士だけでなく、老人や子どもにも災いをもたらす。
 戦争は、人々の四肢だけでなく、心の中にも深い傷を負わせる。

 精神は、操作の対象物ではない。
 生命は、誰かの持ち駒ではない。

 海は、基地に押しつぶされてはならない。
 空は、戦闘機の爆音に消されてはならない。

 血を流すことを貢献と考える普通の国よりは、
 知を生み出すことを誇る特殊な国に生きたい。

 学問は、戦争の武器ではない。
 学問は、商売の道具ではない。
 学問は、権力の下僕ではない。

 生きる場所と考える自由を守り、
 創るために、私たちはまず、思い上がった権力に
 くさびをうちこまなくてはならない。


知的で、情熱と力強さが伝わる

 4年前よりも情勢はもっと切迫しているような
 窮屈や、きな臭さ、分断、未来への絶望が蔓延しているかのようだが、
 希望の芽もある。

 あきらめないことが勝利への道
 沖縄の心が思い起こされます。



2019/09/03

世の中、世界 おかしくない?

 朝は5時とか、5時半とかにきっちり目が覚めます。
朝日に向かっての深呼吸、とかが、きっと関係して体内リズムが
安定してきているのだと思います。
眠りも深くなっていますし、「眠れない」ということもありません。

基本、明日は明日の風が吹く的
今日1日、頑張ったら、「過去」になったら、もうやり直しはつかないから、
悩まない。教訓にして前に進む。

明日に向かう、
体力と気力を保つために、そのためにしっかり「寝る」!
これが、基本だから・・・と続けている。

 5時とか、5時半とかに目覚めると、時間がたっぷり。
家事、そして新聞をゆっくり読める。
おいしいコーヒーを味わいながら。(戴いたコーヒー!美味しい!)

 世界の動き、おかしい!怖いぞ!

消費税10月10%、国民は「無理!」「反対!」と言っているのに、

1面トップの記事
 「内部留保 最高更新」
 「大企業18年度 449兆円 優遇策で毎年増加」

 財務省 2018年度 法人企業統計調査の結果
 資本金10億円以上の大企業 の年度末内部留保が449兆1420億円

香港、ドイツ、極右政党が第2党に 米ASEANで初演習、
国内で街頭演説への「ヤジ」排除、

希望の記事もありますので、じっくり、読みます。

本の紹介記事に「奢る権力、煽るメディア」 斎藤貴男 著
 ジャーナリストの文章は分かりやすい
 今度購入してみようかな

 さて、いよいよ今日から代表質問です。

これが昨日

今日の朝、咲いていた!
昨日の夜咲いたんだね!
気が付かなかった!
10時には寝ちゃったから。
初めての時は、とても感動したのに、
見慣れたお花となって、感動が薄くなっている自分に、がっかり感が。

2019/09/02

「10月 消費税10%ストップのための全国いっせい宣伝行動週間」

10月1日からの消費税10%への引き上げについては、
全国各地で「反対」の声が高まっていますが、安倍政権は強行しようとします。

 税率8%から10%に、2%の
の増税に伴う税収は年約5.6兆円

「社会保障の財源の為に」というのが口実です。

 消費税導入から30年、同じ説明を繰り返していますが、市民の暮らしは
生活が苦しい、不安が広がるばかりです。

一方で軍事費は5兆円を超え、来年度概算要求は5.3兆円へ。
8年連続前年度比増。
どんどん膨らんでいます。

 赤旗では、「米国製の高額兵器を大量購入し、とても単年度では支払いきれないため、分割払いにして「ツケ払い」にするため。
過去の兵器購入に伴う、借金返済が軍事費の総額を押し上げ、新たな兵器も購入し、さらに借金がかさむ悪循環」、と。

 ぞっとする話ではありませんか。

消費税増税の税収増がよもや、軍事費支払いへ、なんてあってはならないことです。


  明日から2日間、相模原9月定例会 本会議、代表質問が行われます。
自民党、市民・民主、公明党、日本共産党、颯爽の会が行います。
日本共産党は緑区選出田所議員がおこないます。
 本村新市長の初めての「肉付け予算」としての補正予算も出されています。
 議会傍聴、ネットでの同時放映でご覧ください。



庭のサボテン。今年は花がたくさん咲いて楽しませてくれましたが、なんとまたつぼみが!サボテンって年中花が咲くの?ほとんど手入れしていないのに!
ほんと、偉い!

これは、明日の夜あたり咲くよ!