2018/11/14

「日米地位協定」 何故、今も続く? 

毎日のしんぶん赤旗のなかで、気になる記事のなかから

 10月28日付け
   シリーズ検証「日米地位協定」
   日米地位協定に定められた米軍の特権
 2条:日本全土で基地の使用が認められる。自衛隊基地の使用も
 3条:提供された基地の排他的管理権を有し、自由に出入りできる
 4条:基地の返還の際、米側は原状回復、補償の義務を負わない
 5条:民間空港・港湾・高速道路に出入りできる。利用料は免除
 6条:航空管制の優先権を与える
 7条:日本政府の公共事業、役務を優先的に利用できる
 8条:日本の気象情報を提供する
 9条:旅券なしで出入国できる
10条:日本の運転免許なしで運転できる
11条:関税・税関検査を免除
12条:物品税・通行税・揮発税、電気ガス税を免除
     日本が基地従業員の調達を肩代わり
13条:租税・公課を免除
14条:身分証明を有する指定契約者は免税などの特権を得る
17条:「公務中」の事件・事故で第1次裁判権を有する
18条:被害者の補償は「公務中」で75%支払い、「公務外」は示談
24条:基地の費用を分担。日本政府の拡大解釈で「思いやり予算」の根   拠に
25条:日米合同委員会の設置

 何故? これはひどい! 何故、ここまで?
 米が、日本を守ってくれるから?
 本当?

 来年 市民協主催で、「日米地位協定」に関する講演会が開催される予定です。期待したいと思いますが・・・

 マイケル・ムーアの「華氏119 」 映画 現時点のアメリカを映し出している。危機的。
ムーア氏は、「今ならまだ、間に合う」というけれど・・・・