2018/09/23

紙面から、溢れる思いが・・・

 今日の赤旗1面の記事で、故翁長知事の妻、樹子さんの訴えはこちらも涙が出そうな、心に直球で迫ってきます。
 急逝してすぐに選挙。悲しみの心を閉じ込めて、「訴える」姿に(紙面上ですが)涙がこぼれます。

 「翁長が恋しいです。あの笑顔がもう一度見たい。あの笑い顔がもう一度聞きたい。でもかなわない。
静かに沖縄県民の出す結果を待つつもりだったが、日本政府があまりにひどい」

と県民に、支援者に訴える。

 自民公明の候補、新基地建設推進にはだんまりで、期日前投票で大動員作戦とか。

どうか、どうか、誇りをうしなわないで。

 夏川りみさんの歌に 「お金で心を奪われないで・・・」
 的歌がありました。

連れ合いと以前完全に観光旅行に行ったときの沖縄の美しさを思い出します。基地がなければ、もっと反映する島だと心から思います。

 頑張れ 沖縄人、デニーさん、翁長樹子さん、
 私も知り合いの沖縄出身の人に声をかけました。

これは奄美大島ですが。