2018/08/24

「武器をなくせ」武器貿易条約(ATT)は希望

「武器」をなくす、人や国土など環境破壊を大量におこなう「武器」
がなくならないかぎり、武器でもうかる企業・人がいるかぎり
紛争、戦争はなくならない。

 今日の赤旗の記事は希望。
赤十字国際局長よびかけの記事。

武器貿易条約とは兵器の輸出入に規制を加える世界初の条約。
締約国は97カ国・地域。
対象となる兵器は、戦車や攻撃ヘリコプター、戦闘機、軍艦、ミサイル・銃

局長は日本に対し、
国連で昨年採択された核兵器禁止条約についてどこの国であれ、加わらない国があることは残念」と。

「戦争の苦しみを知り人間の尊厳についても深い理解がある日本人に世界の舞台でもっと強力な役割を発揮してほしい」と呼びかけた、そうです。

 アベさん、あなたでは無理でしょう。

猫、再び登場 「人間さんよ、しっかりしろ」と。

うそつきだし、時代錯誤と逆行、反民主主義、国会、国民無視だし・・・ETC、ETC,ETC・・・・・・・・・

このような国際的要請にこたえることができる日本の政治家が待たれています。

2018/08/22

生活保護を引き下げるな

1950年生活保護法制定後、改善と改悪とが繰り返されています。
憲法25条に基づき、制定された生活保護法は最後の命綱、セーフティネットと言われています。人間らしく生きる「権利」としての生活保護制度が段階的に改悪されています。

 保護費の削減の経過

 1988年に32年ぶりに削減
 2005年 母子加算の減額
       多人数世帯の削減
 2009年 母子加算の全面廃止  12月に復活
 2013年 基準引き下げ
 2015年 3年目の基準引き下げ
       住宅扶助や冬季加算も削減
 2018年 18年10月からの基準

  生活保護基準が引き下げられると、他制度へと連動されれば、国民の生活の底下げになり、大きな影響を及ぼすことになります。

 内部留保400兆円とか、軍事費5兆円突破過去最高とか、「格差」と軍事強化と一対のものです。

 9条と25条を守れ!

2018/08/21

うそつき政治、ここまでか!

安倍政権でのうそやモラル低下など底なし的にひろがっている。
今度は、「省庁の障害者実雇用率偽装疑惑」です。

 障害者雇用促進法で義務づけられている雇用率を偽装した疑惑です。

 42年間も、ほぼ全ての省庁で。
 
 法律をつくり、守らせる、指導するたち場の国の省庁が平気で偽装?
 とんでもない、恥ずかしい事態です。

是非是非、国会で閉会中審査を行ってほしい。

それ、だめでしょう!!!

2018/08/20

野党共闘の前進を! 20法案提出は希望

 先の通常国会で野党が共同提案した20法案、
自公政権のもとでは実りませんでしたが、こうした共同提案がされた事実、それも20も! 

 1、原発ゼロ法案
 2、保育など従事者処遇改善法案
 3、介護・障害福祉従事者法案
 4、性暴力被害者支援法案
 5、民法改正 選択的夫婦別氏法案
 6、被災者生活再建支援法改正案
 7、カジノ推進法廃止法案
 8、産後ケアセンター設置推進法案
 9、児童相談所緊急強化法案
 10、生活保護改正 子どもの生活底上げ法案
 11、種子法復活法案
 12、共謀罪廃止法案
 13、公文書管理法改正案
 14、災害慰霊金支給法改正案
 15、東日本大震災復興特別区域法改正案
 16、東日本大震災復興推進円滑化法案
 17、国有林野事業関係法改正案
 18、国有林野事業職員給与法案
 19、牛・豚マルキン法案
 20、航空機強取等防止法案


2018/08/18

「尾崎咢堂」の理念を

8月17日付、赤旗に、尾崎咢堂の孫の、原不二子さんのインタビュー記事が。見出しは「9条なくすと世界が軽視」

 海外の人と話をすると、日本について「犬のようにアメリカにしっぽを振っている」言われると。

 「アメリカ経済は武器を売って設けています。そのために、世界のあちこちで戦争をしているのです」とも。

 尾崎行雄は
 「新憲法を使いこなせさえすれば、日本は世界から信頼される立派な
 平和国家になることことは一点の疑いも入れない。実に立派な憲法だ。」


「尾崎行雄は
 一人一人の生命、財産は自分のものだ、それを守る権利がある社会、それを実現するのが憲政だと言っています。」

「選挙によって一人一人が代表者を選んで実現します。だから、立法府=議会が一番力を持っていなければならないのです。」

 言葉の力にぐいぐい引き込まれていきます。

デモクラシーとは
 ギリシャ語の「デモス・クラチア」が語源のデモクラシーは、「ピープルズ・パワー=民衆の力」

 何度も何度も読み返しました。

秋の尾崎咢堂演説大会が楽しみです。

 
 
早朝、夕方はもう秋の気配
子ども頃、夏休みの終わりが近づくと、寂しいような落ち着かない心持ちがよみがえるような・・・・


2018/08/16

全国学力調査はやめるべき

以前に
 このブログでも書いたことがありますが、「全国学力調査」(学力テスト)
の弊害がどんどん広がっているのでは、と危惧しています。

本年4月16日付のブログでも紹介しています。

こちら
 
 唖然としたのが、大阪吉村市長の学力テスト結果を校長や教員の
人事評価の額に反映させる考えです。

 本市においては、まだ、このような異様な考え方は示されていませんが
 
「基礎基本」をきちんと習得させるとして、小学生への学習支援を民間事業者で行うなど、本来「義務教育」はすべての子どもたちに「基礎学力を保障する、その責任が大人、教育行政と保護者にあるのではないでしょうか。

 学力テストを全国一斉に行い、その結果を公表して、何番目と順位づけする・・・

 今回「貧困」と学力の連関性が指摘され、その部分にも対策が
考えられようとしていますが、「貧困、格差」の解決なしに、対症療法的に次々と。
対症療法を全面否定するものではありませんが、全ての子どもたちの「学力向上」、特に、「基礎基本の学力」、(そもそも、基礎基本の学力とはなんぞや、これが低位にあるのは何故?)のために行うべきことはなんなのか、全国の教育現場から声をあげていく時だと、思う。

教育現場の抜本的課題の解消、教員の長時間勤務解消や少人数学級などの実現をこそ、急いでほしい。


 

2018/08/13

法人税の減税と社会保障の大幅後退

歴史は進んでいるのか?
と思いたくなる事態が進んでいます。

75歳以上の高齢者医療費負担2倍化は命にもかかわり、許せません。

 2014年には70歳~74歳の窓口負担を1割~2割へ段階的に引き上げ、
今度は75歳から2割負担へ、70歳以上はみな2割負担へと。

 これは財界からの要求に沿ったもの。
 昨年10月23日、経団連会長は政府に対して、消費税増税の19年10月からの実施、社会保障制度の「改革」、法人税率25%への引き下げを要求。

 この財界からの要求に対し、2日後の25日に、75歳以上の窓口負担の
の倍増、2割負担へ

 神奈川県内の高齢者の7割は所得100万円未満。
 所得ゼロ、貯金ゼロの人も増えています。

過去に医療費無料という時代がありました。

2018/08/03

共感力、社会性 これが人類を進化させたきた、のに・・・・・

今日の赤旗「潮流」記事。ゴリラ研究家、山極寿一京大総長の紹介。
「ネットやスマホの普及で、人間は体でなく、ますます脳でつながるようになってきた」。

 山極教授は7月29日号の赤旗日曜版3面全面のインタビュー記事があり、共感。「高い共感能力を育んだ「ひと」が「サル化」する人間
社会を憂う」という記事で、きちんと切り抜きをしておきました。
今日は日刊紙に。

 人間は進化の過程で、共感力と社会性を高めて発展してきたのに、「今社会性を捨てようとしている」と。


 で、興味深いのは、イギリスでも相当な数の「孤独」の人が。
イギリスでは、「孤独担当大臣」が新設された、と。

で、教授は、ゴリラに学ぼうと。
ゴリラはいつも一緒にいるなかで、互いの意図や感情を的確に読みます、と。

この後が面白い

「スマホで遠くの人とつながるよりも、食事や掃除、スポーツや音楽
で身近な人と体を使ったつきあいを」、ですって。

ん、そうか、
私がスマホやネット、SNSが好きではない、なんとなしの感情が、あったのかも。
アナログ的、時代遅れ的自分に、
自分なりに納得。
アナログ的自分に安心。

今日は異常な暑さの中、
地元自治会では、明日の自治会お祭りに役員さんはじめ祭典委員さん達は「力を合わせ」炎天下のなか、準備。

私は諸諸所用がありお手伝いできず、すみません、、、との思いで。