2018/07/17

公民館 子ども向け「もしもJアラートが流れたら」のチラシ、まだ。

暑い中、市内を駆け回っていますが、(おかげで少々バテ気味)
T公民館でしばらく、クールシェアの為、ひとり休憩。

 で、いろいろなチラシを見ていますと、
子ども向け、「もしもJアラートが流れたら・・・・」

 ミサイルが飛んできたときにはどうやって身を守る?」
子ども達にわかるように、と、フリガナや漫画図でしめしています。

大人用は「弾道ミサイル攻撃を受けたとき明暗を分けるのは
避難行動」 

 どちらも内閣官房 
 
 お問い合わせ先は、相模原市危機管理局 緊急対策課で、電話番号が
記されています。
 日付は2018、4 作成

 韓国と北朝鮮、アメリカと北朝鮮、の首脳会談が行われ、
こうした国民への、ミサイル投下の危機は脱しているのに、
ずっと、ミサイル攻撃がある、こう行動しましょう、
のメッセージを国民に投げ続けるつもりでしょうか?

市の対応が遅れているのでしょうか