2018/04/27

検証、市政の動向

 毎議会で様々な問題を指摘していますが、重要な点については、今後も
さらに検証していきたいと思います。

 昨年 9月定例会議時点で、

  下水道事業会計 959件の徴収もれ(請求額
約6800万円)、で、徴収不能 使用料で約2700万円
受益者負担金で約1億4800万円
 その後の推移は


 当麻ポンプ場浸水事件 1億2800万円の復旧費
  原因者に費用請求したか、どのような結論になったか、

 さがみはら産業集積促進事業
  これまで、128件認定し、合計約81億円を補助金として、支出済
  10年間操業等のルールがあるが守れず、倒産、事業縮小等で返還
を市が9事業者に求めたが、回収不能
となったのは、約9400万円

 その後は?