2018/04/17

相模原市の保育所保留児数 470人 待機児数 83人

4月17日付 こども・若者政策課 、保育課 情報提供

 4月1日現在の国の新たな定義に基づく本市の待機児童数は83人、
希望する保育所等の利用が保留になった児童数は470人

  特徴          H29年4月1日      H30年4月1日
  就学前児童数は   33,835人   →    33,271人   △564人
  利用申し込み数は  12,402人   →    12,893人   +491人
  利用児童数      11,970人   →    12,423人   +453人


   利用を申し込んだけれども、入れなかった児童は、470人で「保留児童」と規定され、また、様々な
分類に分けらます。

  市の保育施策で対応している (=保育されている)児童数 
   認定保育室   98人
   企業主導型保育利用  4人
   求職活動等       112人・・・主に自宅で求職活動をしている
   育児休業関係      12人・・・復職の意向がない
   特定の保育園を希望 161人・・・1園のみを希望すると、待機児にならない


 就学前児童数は怖い位に毎年減少しています前年度比でみると
 H24年~
  △276人 △160人 △524人 △522人 △489人 △896人 △564人

  利用申し込み数は毎年前年度比増です  前年度比
 H24年~
 +197人 +296人 +559人 +895人 +721人 +351人 +491人

 つまり、子どもの数は年々減少しているのに、申し込み数は増ということは、 利用申請率は 「急増」ということになります。
 H24年~
 26.30% 27.23% 29.20% 32.17% 34.70% 36.65%
 38.75% となり、利用申請数は上がり続けています。

 その需要に全く追いついていないのです。
 少子化だから、そのうち、申し込み数も減る、事業運営ができなくなるだろう、という考えがあるのではないか、

  H30年度の整備計画では、
 保育所新設 310人 認定保育室の認可化 200人 地域型保育事業
の新設 57人 計567人

  この数字からいうと、待機児ゼロ、ということになるはずですが、、、、、