2018/02/28

代表質問 1日目 淵野辺駅南口鹿沼公園への公共施設集約複合化問題は

今日は、3会派の代表質問が行われました。
大会派順ということになっていて、
自民党、民進・市民ク、公明党の順です。

 淵野辺駅南口問題をとりあげたのは、自民と民進の2会派。
公明党はふれていません。
自民党は
(11)
広域交流拠点等の形成に向けた取り組みについて、
(ウ)淵野辺駅南口周辺公共施設再整備・地域活性化基本計画(案)について、でとりあげ、
市は、基本計画には市民の意見を
反映して進めていきたい、との答弁。
基本計画策定の時期と市民意見の反映の取り組みついての質問に対しては、市は、明確な時期をしめしませんでした。

自民党は(「計画」を)「停滞させることなく、すすめるように」との要望をしました。

民進・市民は(15)公民連携地域プラットフォームについて
の、(イ)公民連携を活かした施策の推進についての中で、取り上げていますが、
PPP,PFI推進の立場からの質問要望です。

 明日は、1番目が颯爽の会、次に日本共産党です。
質問時間枠はそれぞれ50分(質問時間のみ、答弁時間は含まず)、

 質問テーマがそれぞれ盛沢山なので、午前一人、午後一人となるかもしれません。

 今会議には、淵野辺駅関連の陳情が、建設委員会、民生委員会、市民文教委員会に出されています。

 パブコメは350人、とかつてない人数です。

市民の関心の高さがうかがわれます。

 市長は、市長施政方針のなかで、「市民とともに創る自立分権都市」を謳っていますが、「市民」の声、しっかりと受け止めてもらいたいものです。