2017/08/31

「教育費」予算の使い残し=不用額9億7500万円。公民館有料化で7000万円の市民負担ストップ!

16年度決算審査にあたって、こつこつと資料を研究中。
で、教育費歳出をみると、15年度不用額(予算はたてたが、執行残
、使い残し額 7億8100万円、
16年度 9億7500万円。
15年度よりも不用額が大きくなっている!

今回の公民館有料化で、財政が厳しいので、6億円施設維持管理のうち、7000万円を利用者に負担いていただき、公民館の維持を図っていきたい・・・と。

この不用額、の数字を見ると、7000万円市民から負担してもらわなくても、9億7500万円も不用額を生じている数字をみれば、予算の適正化、適正、厳密な執行すれば、7000万円の財源あるのでは。
市民に負担を求める前に行うべきこと、あるのでは、
こうした財政運営の状況をみれば、
市民の理解、納得は得られないのでは。

教育予算の中の社会教育費の推移は、

15年度 支出済額 33億1100万円
16年度        29億6400万円となっている

 少なくなっている(これは内容を詳細に見ないと何故少なくなっているか、現時点ではまだわかりません)

予算現額から見ると、15年度35億3200万円、
       16年度 30億7200万円、 
       17年度予算現額は28億1500万円

       3年前と比較しても、約7億円も減少している!


  一般会計全決算では