2017/01/11

すごくな~い? 上溝の赤松の竜

連日、知人へのご挨拶活動をしています。
1年ぶりの再会、元気だった方が具合が悪くなったり、
病気の方が回復、お元気になっていたり、
入院されていたり、
お若くなっていたり、逆だったり、
「いろいろ」

ところが、自然はあまり変わらない。
「上溝の赤松の竜」(私が勝手に命名)、
4階近くまでの高さ(10メートル以上はあるのでは)の
くねくねの松の木


下から見上げると、迫力満点!
去年もその前も、圧倒される思いで、パチリ。
自然は「肖像権」の、問題もないので、遠慮なくパチリ。
(誰かのお庭の場合は、断ってパチリですが。)

こつこつ、訪問していると、身近な生活要求が次々と寄せられます。
カーブミラー、U字溝の土砂体積、福祉、建築関係・・・・・

直接市民の声、を伺う活動が重要であること、
市民生活の実態、要望を正確に把握していくことの大切さを
感じます。

今日は長い1日でした。
早朝宣伝、読書、訪問活動、会議、訪問活動、会議、、、、

ま、今年もぼち、ぼち、
「てーげ、てーげ」に (方言で、適当・適切に、って感じでしょうか)