2017/06/16

民主主義を国民一人ひとりに根つかせるために

国民が選び、国会に送り出した国会議員が
民主主義・自由を壊す法律を
「狂暴」なかたちで、深夜に
成立させる 2017年6月15日 共謀罪強行成立

マスコミは、法律制定後に
騒ぐ。

国民は
怒りと「選挙で勝ち廃止へ、次の闘い、」の決意を固める

昨夜はY公民館の公民館運営協議会の傍聴に行きました。
傍聴者は議員2名、他に2名

公民館使用料有料化前提の質問が続き、短時間で「ご理解いただいた(?)」的空気

そもそも、社会教育とは、なんなんだろう
何故、戦後、政府も社会教育、公民館を全国に広げたのだろう、
何故公民館は無料だったのだろう、
何故相模原市は無料を堅持してきたのだろう、
有料化することでの本質的変異はどういう形で出てくるのだろう・・ETC
 
本質的議論は現場でも、あまり行われない。

民主主義を体現できる力は、
一人ひとりから。
地域で対話、協働するなかから。
かけがえのないもの、失ってはならないもの、
が共有されてこそ。

日常生活の中から
自由と民主主義、基本的人権を守る力としての公民館であったはず。
「公益性がある、なし」を
行政当局が決め
住民間を分断する
分断は地域づくりの弊害になるのでは?

傍聴していて、印象に残った委員からの声は

「利用者団体」だが、これまで、
みんなで障子などの直しの費用をだしてきた。
でも、今度からは使用料をとるんだから、
こうしたこれまで自分たちで負担したきたことも
一切いらない、市がやってくれんるんですよね、
と皆で話している 」(内容まとめは松永)

利用者の皆さんが
これまで、「公民館を支えてきた」ことの実態
市はきちんととらえておられるのだろうか

32公民館、それぞれでなんらかの形で、
公民館を支えてきたことが、
有料化でも
継続されるのだろうか

公民館がますます「単なる貸館」の比率が高くなるのでは
、の危惧を覚えました。


もうすぐ、近しい親戚に赤ちゃんが産まれる、
そして今日は金曜日、公園でのラジオ体操に参加
日常生活は続くが・・・。


2017/06/14

3本の「共謀罪」陳情。相模原市議会では・・

昨日は6月定例会 総務常任委員会。
市内市民3団体から、共謀罪に関する3本の陳情が出されていて、
審査が行われました。

委員会では「不採択」となりました。
陳情3本にすべてに賛成は、共産党と颯爽の会です。
3本のうち2本、反対は、自民党、公明党、民進・市民。
(一本は継続に)

全国の地方議会での状況をしんぶん赤旗が本日版で伝えています。
「共謀罪」法案への反対・撤回を求める意見書が可決されている議会は

 三重県議会  可決 (賛成-共産党。反対ー自民党・公明党)
 小金井市議会 可決 (賛成ー共産党、民進党。反対ー自民党・公明党)
 宇治市議会 可決(賛成ー共産党、民進党、無所属。反対ー自民党・公明党)
福岡県志免町議会 可決
兵庫県丹波市議会 可決(賛成16人 反対は3人ー公明2人、維新1)

 採決にあたっての賛成・反対の態度決定は、会派拘束のあるところとそ  うでないところがあるようですが、市民の皆さん、議員個人が賛成するか、反対するか、を見て下さい。
国にむけて市議会として声をあげることができるかどうか、です。
 相模原市議会の最終本会議での採決は、国会会期(18日)の後の、30日の本会議になってしまいますが、
是非皆さんの声を届けてください。

 歴史的責任が問われる態度決定です。

 市民の皆さんと対話したとき、
 「重要な案件に賛成したか、反対したか、政党とか、会派でみるのではなく、個人としての議員の態度をしっかりと有権者は認識すべき」
と話しておられたことが印象に残っています。

歴史に恥じぬよう、自分に恥じぬよう、今に生きる自分を示そう

(今朝) 地元から声をあげる
 
ど根性のお花、
曲げられても、自分のちからでまっすぐ咲く
立派だね。「自然の力」だね。
 


香り立つ、今年の「北の丘公園のバラ」
 



 

2017/06/09

キャンプ座間に米軍弾薬60トン近くが?代表質問が終わりました。

昨日、今日と各会派の代表市質問が行われました。
日本共産党市議団は羽生田議員が行いました。
代表質問は何を取り上げるか、どんな角度から行うか、
各会派のスタンスが良くわかる質問です。

日本共産党市議団は、今回は重点的には、基地問題を取り上げました。
爆音と米軍弾薬輸送問題です。

 民間運送業者(日通)が米軍の弾薬をキャンプ座間まで、60トン
行っている問題です。
 広島県東広島市 米軍川上弾薬庫から、鉄道、そして公道をトラックで輸送し、最終地点キャンプ座間まで60トン近くを日本の民間輸送業者に委託するものです。

 いろいろ質問しましたが、市への情報提供はないし、国さえ米軍から情報提供をうけていない。

 しかし、2年まえの相模総合補給廠の爆発火災事故だって、恐怖にさらされるのは、相模原市民、公道で弾薬輸送が行われ、事故は発生したら、被害を受けるのは市民、
 市民の生命財産を守ることが自治体の最大の任務、という視点から、自治体とともに、国に、米軍に必要な情報、を提供するよう、求めるよう、
要請しました。

 答弁は、政府レクチャ以上のものはありません。
答弁のなかで、日米合同委員会での合意
昭和35年の合意っされ、その後、昭和55年に改正された
「米軍の火薬類運搬上の処置」の内容についての答弁がありました。

 ①車両の標識
 ②「積載及び運搬の方法」
 ③「混載の禁止」
 ④「運搬に関すること」・・(
   運転手は200キロメートル以下の距離ごとに交代すること)
   繁華街の運行は可能な限り避けること

  などの安全対策が定められているようです。

 守られているかどうか、です。

 

2017/06/07

「とんでもない、衆議院選挙と国民投票? 安倍政権退場を、共産党頼みます」と。

定例駅頭宣伝。
中野渡氏と一緒にJR相模原駅に

中野渡氏が演説している間、私はチラシ配布
 そこに、中年女性。つかつかと

今朝の朝日新聞で衆議院選挙と改憲の国民投票を自民党
が狙っている!
 とんでもない!
安倍首相、安倍政権 やめてほしい。やめさせてほしい
私は、孫の将来を考えると、
絶対に憲法は変えてほしくない、
9条は守りたい
共産党、是非、是非、頑張ってほしい。」

熱烈な言葉と固い固い握手

その思い受け止め、
どんな時にも決してあきらめずに
そして、
溌剌颯爽と
頑張りたい

自衛隊募集の横断幕がまたJR相模原駅ペデストリアンデッキに
かけられています。
生々しい
言葉がつきささる
 
 
 
 
ん、やっぱ、ダイエットがんばらなくちゃ!




2017/06/06

8,9日 代表質問が行われます

日本共産党は羽生田 学議員が行います。

 相模原市議会は現在5会派あります。
 代表質問は「大会派から」と決まりまして(かつては、通告順だったのですが)、5人、という会派が2つありまして、ここは通告順。
今回は日本共産党が最後、9日に行います。

 この頃は議会傍聴者も多くなりました。
インタ―ネット放映は同日中継や録画放映もされますが、是非、議会の状況、を直接傍聴して、議会の全体状況をごご覧ください。


2017/06/04

松永レポート 6月号


松永レポート 6月号です。
 日本共産党市議団は各定例議会ごとに、全市民に向けての
「市議団ニュース」を発行、配布しています。

併せて、議員の議会活動報告ニュースを毎月1回発行しています。
議会報告会なども、各自でそれぞれのペースで行っています。

「松永レポート  6月号」です。

こちら

2017/06/03

陽光台公民館運営協議会 傍聴しました

昨日 19時半~の陽光台公民館運営協議会を傍聴しました。
傍聴者は私ともう一人、2人でした。

市の生涯学習課職員は4人。

いただいた資料は、終了後回収されますので、
記憶、メモに基づき、一部のみを感想含めて紹介します。

市は、今後こうした運営協議会、27か所全て
を7月までの終了していく予定です。

陽光台公民館の質疑、意見交換は、少なく、
短時間で終了しました。

興味深かったのは、
資料の「陽光台 公民館振興計画」です。
基本理念、重点目標、活動計画等が記述されています。

そのタイトルだけ見ても感動ですが、
提案される使用料有料化との整合性に
私は違和感を感じるのですが、推進の考えの方は、無理なく、受け止めておられるのでしょうか

陽光台公民館 基本理念
 ①誰もが主体的に学べる生涯学習の拠点
   →誰もが、ではなく、使用料を払える人は、に変わることになるので    は?

 ②仲間づくり・地域づくりの拠点
 ③豊かなくらし・生きがい・地域文化創造の拠点

 (私の心の中の感想)
 →公民館主催事業、自治会等の事業なら無料だけど、
   自主的にサークルつくって、「豊かなくらし・いきがい」を
   追求しようとすると、使用料がかかることになる。
    
    市は、影響のない位の低額だから、としていますが、この金額は
    固定的金額ではなく、今後変動していく数字。
    「負担感のない低額」は将来的にも
    担保されているわけではありません。
    それに、負担感はそれぞれの家計状況で異なります。

    貧困・格差がどのように表れてくるか、私は心配です。
    朝日新聞デジタルニュースで、「60歳以上の2割、子や孫へ
    生活費負担。働いているのに生活費が不足すする子や孫をささえ   ている、との内閣府の調査のようです。

 公民館を利用している方の多くは高齢者ですが、生活は「楽」ではない、ということです。

 この記事の数字によりますと、
  60歳以上の平均収入は月10万円~20万円未満、32,9%
  20万円から30万円未満が26,4%、
  5万円~10万円未満が15,2%
   
   (橋本公民館の利用者団体協議会会長は、団体数の減少や利用者        の減少を危惧する発言をしていました。)

この公民館の基本計画で、さらに感動なのは、

2017/06/02

橋本公民館運営協議会 傍聴しました ①

市、教育委員会は、昨日から順次31公民館運営協議会への
2度目の公民館有料化に関する説明会を行っていきます。

 昨日は、19時~橋本公民館で開催され、その説明会を傍聴してきました。
新年度に入りましたので、委員後退で6名の新委員、総員20名の委員さんたちに市生涯課から課長はじめ3人が出席、説明、質疑応答がありました。

 傍聴者は10名前後、うち議員はわたくしともう一人でした。

資料は、配布されましたが、傍聴者は、終了後回収ということで、手元には残っていません。

会場でのメモ記録、感想を述べたいと思います。

 はじめに館長の挨拶、報告がありました。
時代に応じた、多くの取り組みを行って行っています。
その報告の中で、

 橋本公民館の利用者団体協議会が5月13日に総会、19日に市の要望書を提出したとの報告、資料の中に「要望書」が添付されています。
 (団体数は600、と)

全文は、市に請求し、入手できたら、お知らせしたいと思いますが、
現地でメモしたものを紹介します。(中略的)

2017/05/31

沖縄県警、現場責任者を「先導者」と排除、強く抗議する

今朝の赤旗記事で目をむくような記事が。

沖縄県警の異常な対応についての記事。

「26日午前9時前
沖縄名護市辺野古の米軍基地前、座り込み現場
「警察」から「先導者」とみなされると、「排除」
26日に2回、29日に3回拘束される。
警察は、先導者とするその理由が「マイク」を握っているから先導者」と。
                                      (中略)

 市内で平和行進等行うときなども「行進責任者」など、
一定数の行動を行うときは全体責任者が全体の動き、安全等に責任
を持つ立場で位置づけられ、きちんと合法的に行うのですが、
こうした「共謀罪」を先取りしたような
警察の動き、
弾圧以外のなにものでもありません。

強く抗議します。

2017/05/30

明日、6月定例会議 本会議

心持的に、「時」が止まります。少々疲れたときなど。

そんなとき、
「お気に入り」のこの歌に心を沈めていきます

花は咲けども


さて、明日は本会議、

6月18日国会会期末
安倍政権、ここまでか、ということを
「本気」でやる?

原発事故と原発輸出

それでも、安倍首相の支持は高い?

2017/05/29

介護の「高額介護サービス費の引き上げ」8月から

介護サービスの負担増が続きます。

 「高額介護サービス費」は、介護サービスを利用した場合、
利用者の負担額の上限が収入によって定められていて、利用者の負担の合計額がその上限を超えた場合にあとから、払い戻される制度ですが、この上限額が改悪続き、です。
 2015年8月からの改悪は「現役並み所得者に相当する人がいる世帯の人が、37200円から44400円に引き上げられました。

 2017年8月からは、「世帯内のだれかが市町村民税を課税されている人がいる場合、37200円から44400円に引き上げられます。

段階的に、次々に負担増です。
こうした改悪が市民への影響がどうなっているのか、把握していきたいと思います。

この間、市民を訪問、対話をしていますが、
高齢者の不安、高齢者を介護している家族の負担感、
先の見えない閉塞感など、
が語られます。

「尊厳ある老後」、人生に最終地点で悲しい結末はあってはならない、
一人ひとりが
大切。

2017/05/28

北の丘公園、バラが咲き競う

バラが咲いている頃だろうな、、と思いながらも、
忙していけない!

でも、
今日は、田名、上溝、南橋本等を動きまわっていましたので、
短時間でしたが、飛んでいきました。

バラを鑑賞する市民の皆さんでにぎわっていました。

思うんですが、
こういう光景は「平和」だからこそ。
そして、どこの国でも、庶民は
身近な小さな幸せを味わっているんだろうな、と。
老夫婦、恋人たち、おちびさんを連れた若夫婦。

様々な色と香りと。
もう盛りをすぎつつある感じです。
おはやめにお出かけ下さい。

最も美しい時に

次は「アジサイ」の満開の頃にぜひ行きたい。
今年のアジサイに会いに行こう。

 
 
 
 


 


 
身近にこうした公園があること、自然を満喫できること、
「住みよい相模原」実感できます



 
 

2017/05/25

6月定例会議 「共謀罪」陳情2件

今日、6月会議に上程される議案等の議会運営委員会が行われ、
議案書が配布されました。

議案は、条例3件(今後追加予定 2件)、契約 2件
報告5件、です。
 陳情は現時点で3件です

 ①神奈川県最低賃金改定等について
 ②いわゆる「共謀罪」法案(組織的犯罪処罰法改正案)の慎重かつ徹底   的な審議と採決の強行をしないように求めることについて
 ③ 国に対して「共謀罪法案(テロ等準備罪)についての慎重審議を求める」ことについて

 このほか、1件追加陳情があり、陳情提出者の皆さんが会派に説明にみえました。

2017/05/24

早速、駅頭宣伝へ

共謀罪成立の翌日である、今朝
恒例のJR相模原駅頭宣伝へ

心込めて訴えた、(つもり)

話はじめて、しばらくして、

おじさんがとことこ寄ってきました。

うー。なんだ、妨害かな 

おじさんは
ゆっくりと、

「あのー、もっと大きく、ゆっくり、はっきりじゃべらないと
 聞こえない、わからないよ。」

わー。ありがとうございますね。
聞いてくれたんですね。
で、ご指導の一言ですね。
確かに少々早口だったかも。

で、
ゆっくりめに、はっきりと、力強くを意識して
話しました。
庶民はあきらめないもんね。笑顔絶やさず、闘志絶やさずだもんね


もうすぐ、北公園のアジサイたちに会えるかな.これは昨年の花たち




2017/05/23

またも、衆議院で共謀罪強行採決!

今日の日、わすれないように、
ミニトマトを植えました。


 この頃、心の中で、
「自由と独立こそ、尊いものはない」(ホーチミン)の言葉が。

「個」の自由 ・・人類が歴史の進展のなかで獲得してきたものを
狂暴に奪い、歴史を後戻りさせようとする、安部政権。

テロ対策といいながら、
監視と不信の不安社会を導く。


一人ひとりの闘い。
日常生活と、絶対に奪われてはならない、失ってはならないものとの。

庶民はたんたんと日常生活を重ねながら、決して屈しないでたたかう。
心を売らない、騙されない

で、「ミニトマト」。 
たんたんと生きながら。
今日の日のトマトは、
どんな
展開になるだろう

2017/05/22

キャンプ座間に米軍弾薬60トン?


 本日午後11時から、米軍「川上弾薬庫」から「キャンプ座間」への弾薬輸送問題について、相模原市議団、座間市議団、市民団体、平和団体、はたの君枝衆議院議員などで政府レクチャーが行われ、参加しました。
 対応者は、防衛省、警察庁、経済産業省、です

 本件は米軍が弾薬輸送を日本の民間業者に委託するため、インターネット上で、業者、公募入札「告示」をしたことにより、国民が知りました。
 相模原市、座間市にとって、重大な問題です。
市民の安全安心に重大な影響を与えるものになりますので、緊張しました。

 相模補給廠は、アジア最大規模の兵站基地だけれど、「武器弾薬」は保管されていない、とされていたのに、晴天の霹靂です。
まだ、2年前の爆発火災事故の最終原因も確定されていないのに、今度は、「弾薬保管?」
 米軍基地が存在すること、情報が隠されていること、そのことの危険性を感じました。

 以前赤旗の記事にも載りましたが、東広島の米軍基地、川上弾薬庫から取り扱い駅経由で指定された米軍施設までトラックで運ぶ民間事業者を公募したようです。


 米軍資料(JR貨物・5トンコンテナ貨物輸送業務の実施作業説明書)では、昨年の実績 川上弾薬庫からキャンプ座間までの輸送実績は
5トンコンテナで1月 4個、4月 2個、6月 3個、9月 3個 合計12個
 5トンが12個で60トン輸送した、ということです。

キャンプ座間にこれだけの「弾薬」を搬入して、では、どこに保管しているのか、補給廠にも運んだのか、火薬取り締まり法などの国内法だと、厳重な諸々の規定があるが、軍はどのような規定か安全か、 弾薬ですから、
 どこかの実弾演習場?等で使用されるのか等、質問には全く答えません。
  米軍の運用上のことには、答えられない、答えない、のです。

ちなみに、川上弾薬庫のある東広島市には、中国・四国防衛局から、弾薬輸送の日時や搬出入状況などの情報提供を受けているのに、何故キャンプ座間については、地元自治体に情報提供がないのか、の質問には、「テロ」対策上、出発地、目的地、何故テロとの関係で違うのか、
意味不明。
 
 自治体は住民の安全に責任を持たなければなりません。
 万が一の事故等が発生したとき、消防上の対応が必要になってきますが、地元自治体になんの情報提供もなければ、対応がとれません。

  私も相模補給廠の爆発火災事故状況のことや、返還地跡地に国主導で、「新都心」構想があり、これから、まちづくりを進めていこうとしている場所であること、市民の悲願であった基地返還が一部でも、実現したばかり、関東地域の防災拠点として位置づけられている、この地域の広域避難場所でもある、この場所の現時点の重要性からみても、弾薬が保管されているのか、いないのか、国さえ把握していない、自治体に示されない、ことは、重大な問題。

 省庁の縦割りを超えて、きちんと事実を米側に問うべきであり、また、弾薬保管が認められない、の声を上げるべき、と私も質問、要望しました。

 日本国政府のあまりに、従属的な市制に改めて失望、憤りを覚えます。
6月議会も始まります。
共産党市議団全力で頑張ります。

 新年度の私の委員会所属は 
  市民文教常任委員会
  広域交流特別委員会

 市議団全体の常任委員会配置は
  総務委員会    山下伸一郎
  民生委員会    竹腰早苗
  建設委員会    田所健太郎
  環境経済委員会 羽生田 学
  市民文教委員会 松永千賀子

 新年度も全員、市民の声をまっすぐ届けるために、頑張ります
  

 

2017/05/21

地域から声をあげる

午前中は、地域訪問。
共謀罪が国会で強行採決、国民のプライバシー、自由、を奪う「狂暴」な法律を絶対問うさせない、その力は国民の声しかない!

あるお宅では、国会での勢力図から、どんなにひどい法案でも強行採決をされてしまったら、「賛成多数」で通過してしまう。

国民にきちんと、誰が賛成したか、反対したか、
国会議員個人名で国民に知らせるべきだ、
自民党だ、公明党だ、維新の会だ、
と政党名でなく、
個人の責任において、賛成、反対したのだから
明確に示し、国民が選挙
で審判を下せるようにすべき、それは地方議会でも同じ。


共産党の言っていることは、
私は賛同できる、是非とも頑張ってほしいと・・・。

コツコツと地域を回り、地域の声を集める

地域要求もだされましたので、
早速、市に伝え対応していただきたいとつなげたいと思います。

そして午後から「共謀罪に反対する相模原市民のつどい」に参加。
約170名、教育会館ホールでの学習会。
講師は日弁連共謀罪法案対策本部副部長 海渡 雄一 氏です。

法案の名称について、
何故、共謀罪に反対するのか、
政府新法案の問題点
イギリス、アメリカの共謀罪と戦前の治安維持法について

 具体的事例の紹介があったり、諸外国との比較があったり、
また歴史的経過など、わかりやすい講演が行われました。



 終了後、教育会館から相模原駅までパレードです。
地元で党派を超えて学び、共にパレードで声を
あげ、沿道の市民にアピールできること、
政令市相模原の市民の力だと思います。

若い方の注目、関心を感じました。

明日は、
議員会館で
防衛庁、外務省レクチャーがあり早朝より、出発です。
 テーマは弾薬輸送問題です。



2017/05/20

種子法廃止、国家と国民を売り渡す、断固反対

「民主主義」・「国民主権」、勝ちとるまで国民は決してあきらめない


   昨日桜木町駅前での日本共産党演説会、志位和夫委員長、はたの君江法務委員会委員、神奈川小選挙区予定候補の演説が17時半から行われました。

 「演説」、言葉の力を感じさせる迫力に満ちたものでした。
はたの君江議員はまさに法務委員会での13時過ぎの強行採決後ですから満身の怒りを込めての訴えです。

2017/05/19

「共謀罪」19日、衆院法務員会で強行採決か!

自公維の「共謀罪」委員会での強行採決は、絶対に許されない!
国会等前集会に飛んでいきたいが、地元での用事があり、
新聞紙上などでの動きと注目しているところ。


今日は、Jr桜木町駅前広場で志位和夫衆議院議員、党委員長の街頭演説があり、是非聞いてこようと思う。

今読み進めている「スノーデン 監視社会の恐怖を語る」
すでに日本は「監視社会」に入っていて、
「共謀罪」が成立したら、
捜査当局ににらまれたら、「犯罪者」「犯罪集団」とされ、
罪を負わされるしくみづくりへと
進もうとしていること。

秘密保護法で国民が「真実」を知る道が閉ざされ、
国に異議ありの声を閉ざれる、

「テロ防止」と感覚的に国民に受容させるような
名称を使う、
歴史はいつも、
綱引き。
ここまでの強行さでくる、ということは、国のあせりの現れ。

自分の立ち位置が問われる。
「歴史の中に生きる責任」が問われる。

早朝5時には目が覚め、「読書」。
ごみを捨て、ラジオ体操に参加し、
さて、今日は臨時議会。

議会人事が決定、
補正予算等審査、採決が行われます。



2017/05/18

「スノーデン 監視社会の恐怖を語る」

小笠原みどり 独占インタビュー 全記録 
「スノーデン 監視社会の恐怖を語る」
(毎日新聞出版) 1400円(税別)
2016年12月10日 第1刷
2017年 4月25日 第2刷

を読み進めています。

今、私たちはなんという時代に生きているのだろう。
時代は「進展」しているのか、
万人の幸福への道には進んでいないのでは・・
「情報」が一方的に収集、利用される!なんて

これまでも、こうしたことは耳に聞こえてきたことですが、
この本では、全貌、日本の状況を描いています。
確かに「監視社会」の「恐怖」

2017/05/15

2017/05/14

母の日、後援会観劇会へ


日本共産党 南関東ブロック(神奈川・千葉・山梨)前進座国立劇場公演を観劇するつどい、
相模原市からも参加。
私も毎年参加していますが、今年も楽しみにしてきました。

PM4時からの開演、7時15分終了。

演目は山田洋次監修・脚本「裏長屋騒動記」。
落語「らくだ」「井戸の茶碗」より。
江戸の長屋での「大騒ぎ」

「江戸の笑い」を山田洋次さんが脚本ということで、楽しみでした。

パンフのなかから・・・ 山田洋次さんの言葉

「今、日本人は笑いたいけれど、気持ちよく笑わせることほど
難しいことはない。
それは笑わせる方が、観客と同じような生きる辛さを共有していないといけないからです。そして、前進座にはその資格があると思うんです」

笑いはエネルギーです!

「文化、芸術、笑い」これって「人間」だけのもの。
生物、動物のなかで、人間だけが
歴史の進展の中で、創造してきたもの。
人情ものとか、江戸の長屋とか、想像力の貧困な私には
苦手な分野ですが、今日の「長屋人」たちの
「共感力」、いいなと思いました。

現代人にも「共感力」「共に」の感覚、
時代を前に前進させていくために
必要な力です。

今日の日に感謝です。

満員!

志位さん、はたの議員も 観劇
にこやか!
 

ネットでは北朝鮮がミサイルを、と怖いニュース。

戦争は国家が始める
双方の庶民が戦い、傷つき、いのちを奪われる
戦争は庶民は決して望んではいない。
そして、国土は破壊される。

戦争を命令する側が傷つかない、死なない
戦争では、「儲かる」人がいる。
戦争の理由、大義名分はもっともらしいけれど。


議員になる前、商社勤務をしていたとき、
社内の慰安旅行で韓国を旅行した時を思い出します。

韓国と北朝鮮
統一展望台、川を挟んで
北朝鮮が見える丘
北朝鮮側からも「宣伝放送」が聞こえてくる
北朝鮮が見える
日本でいう「お盆」の時にあたるような日とか。

「統一」を庶民は願っていること。
庶民は・・・

でも、分断と憎しみ、攻撃。
それは、きっ、そのことが
都合のいい人、陣営があるから。

庶民は別れ別れの親類への思いをもちながら川の向こうの
を思っているのだろうなと
感じました。
分断されていることの残酷さ、悲しさ、祖国統一への願い、希求。
ミサイル問題で思いだされました。

今日の、「母の日」「江戸の笑い」観劇会、北朝鮮ミサイル
いろんな思いが交錯しました。


庭の香り高い{?}、つぼみが可愛い。すぐに満開になり、すぐに枯れる


「母の日」、カーネーションではなく、マーガレットを指定しました。
来年も咲かせよう、もっともっと、大きく

 



2017/05/11

リニア準備工事と登校児童の状況

国道16号線沿いの橋本変電所となり、リニア準備工事は連休あけから工事をスタートさせる、との説明会での
表明通りに工事開始されています。

8日、本日も子供たちの登校状況を確認したいと、現場に行ってみました。

児童登校時間帯は7時45分台でしょうか。
5~6組位でしょうか。
このヤード沿いに一列に歩道を歩いていきます。

10数名の作業員が作業を
 
 
3メートル塀の工事開始
登校時には作業開始しない約束です
 
 
このヤード沿いに通学路があります。
見ていると、16号線手前交差点の信号のところで
二方向からくる子供たちが
たまります。
横断歩道のところでは、二人の大人の誘導もありますので、大丈夫かと思いますが、下校時は心配、不安になることはもっともなことだと思います。
 
 
リニア準備工事と直接の関係はありませんが、 
昨日、午前5時頃、16号線と橋本103号線からの車が衝突事故があり、
数珠繋ぎの玉突き事故があったそうです。
このエリアは人、自転車、車
往来が激しく、今後の影響がとても心配になります。
 
 
 
熊本でまた地震は発生したようですが、
活性期に入った日本の火山活動。
 
リニアは「地下だから安全」?
しろうと感覚で、「活断層」のイメージでの不安を覚えます。





 
 

2017/05/10

雨の中、60回目の平和行進

2017年神奈川県平和行進。
毎年続いてきて、今年は60年目。
国連で核兵器禁止条約交渉会議が開始され、
史上初めて、禁止条約が誕生する(可能性)ことになる、歴史的な
中での行進です。
北海道から、沖縄から8月の広島を目指して
歩き続けます。
今日は、150名近くが歩き通すことでアピールしました。

あいにくの雨でしたが、ラップ調のコールで、「歩き」ました。

そこで、「平和行進」とは?・・・2017年国民平和大行進神奈川県ニュースから

「1958年6月、原水爆禁止を訴えながら被爆地広島から東京に向けて歩き始めた行進は、「歩く」という素朴な行動が市民の共感を広げ数万人が行進に加わりました。それ以来59年間、雨の日も風の日も夏の暑さの中も休むことなく全国で毎年続けられ今年は60回目です。
この行進は世界にも例を見ない草の根の平和活動です。
毎年、全国で約10万人が参加しています。
「各兵器のない平和な世界」「核兵器禁止条約実現」を願う人なら誰でも参加できます。神奈川ではすべての自治体を訪問し、昨年は全県で6250人が参加しました。」
     以上

 今年は、米タフツ大学1年生の女学生がリレー行進者として参加しています。初めての外国旅行となる日本でこうした活動に参加する、
とても魅力的な人です。


 彼女のメッセージも紹介します。

「核兵器の被害を受けた国への連帯を込めて、核兵器廃絶のために
行進する機会をいただき、とてもわくわくしています。
 アメリカは現在、最強の核保有国であるため、この平和行進に
アメリカ人行進者が参加することも、とても重要だと思っています。
私の参加は、みなさんの核兵器廃絶をめざす努力に対して、アメリカ国民が支持していることを示すささやかなシンボルとなるでしょう。
このような大きな目的への支持を示し、私よりもっと熱心に運動に取り組む人々から学ぶことで、実際に変化を作り出すことができます。
この問題についても、もっともっと勉強し、日本の人々の視点から、そして他の国の人の視点から考えられるようになりたいです。そうすることで
日本文化への視点を得ることができ、それは将来日本を研究するときに役立つと思います。」

新しい時代、新しい人が時代のバトンをつなぐ





相模原市も「歓迎」のメッセージを


 
で、私は久々の「歩き」で疲れたな~状態

県内通し行進者の方とお話ししました。
なんと24年間連続行進、85歳の女性!
う、すごっつ!
その溌剌さ、「いいね!」
 

国会が熱い! 小池晃参議院議員、首相と真っ向勝負

国会中継、録画でみました。
安倍首相の2020年改憲発言問題です。

こちら

でご覧ください。

日本国憲法の目指す国、社会づくりから、
どんどん遠ざかる自民党政治
憲法との矛盾を作りだした側と、
現実社会を憲法に近づける政治を目指す
日本共産党との対決点、争点が明瞭。

自共対決。
共産党国会議員が増えて、
質問時間も増え、
迫力で迫ることもできます。
もっともっと日本共産党議員を送り、国民の声が届き
国民の願いを実現する政治の実現を!



2017/05/07

悲しいお知らせ、現職議員亡くなる

今日、正式にFAXで、現職議員が亡くなった、悲しいお知らせが
届きました。

議会事務局からは、昨日のお知らせが電話でありましたが、
この3月定例会議に出席されておりましたし、
また4月27日の代表者会議で、
お顔を合わせたばかりですので、
驚きました。

現職議員のお葬式はわたくしは初めてです。
他会派の議員さんですが、
日ごろ議会で、顔を合わせ、声をかけあうことがありますので、
急なお別れは、悲しい、残念な思いがあります。

このところは決して万全な健康状態ではなかったようですが、
こんなに急に亡くなるとは・・・

ご冥福をお祈りします。

2017/05/04

尾崎行雄 「民主政治読本」、新憲法は希望

今日から「休み」、完全休み
珍しく、電話1本かかってこない。
皆お休みかな。

で、私は、今日は、「頑張った!」
大掃除、それも、「徹底的」に。
明日も、「目の色変えて、大掃除」の予定!

早朝6時半からスタートですが、
途中、やっぱ、ちょっと、休憩。

そして、読書。
やっぱ、「尾崎行雄」の「民主政治読本」(世論時報社)
今、やっぱ、「憲法」でしょう。

尾崎行雄紹介から。
1858年(安政5年) 相模国(神奈川県)津久井郡又野村に生まれる
1879年(明治12年) 20歳~21歳 
               新潟新聞の主筆となる。
1885年(明治18年)26歳~ら27歳
              東京府会議員となる
1890年(明治25年)33歳~34歳
              第1回総選挙当選 (以後25回連続当選)
1903年(明治36年)44歳~45歳
              第2代目東京市長就任
1919年(大正8年)第1次世界大戦後の欧米視察へ
1941年(昭和16年)対米英宣戦布告  日独伊三国同盟に反対する
1945年(昭和20年)終戦 86~87歳
              12月 「世界連邦建設に関する決議案)を議会に                                                          提出

1946年(昭和21年) 87歳~88歳
               立候補を辞退していたが、推薦で立候補、                                               最高点 で当選。
1948年(昭和23年)89歳~90歳
               世界連邦建設同盟が結成され、初代会長に就任
1952年(昭和27年)衆議院より憲政功労者として表彰される。
              病床より立候補し当選(連続25回当選)
1954年(昭和29年) 95歳
               永眠


敗戦後、「立憲主義と民主主義に対する国民の理解と自覚を促すために
書かれた」のが、「民主政治読本」。

 ということで、印象深い部分抽出紹介します。

2017/05/03

5月3日 憲法記念日宣伝

早朝6時半、米軍基地返還道路、南北道路のお散歩
宮下本町1丁目か境川を通って、町田市側の歩道・サイクリング道路の散歩へ。
  南北道路でサイクリングの知人に遭遇、
  宮下本町で、知人を訪問。
  散歩と対話で、のんびり1時間半。

     
歩行者・自転車専用道
相模原市側は車道。(歩道もない)

公園入口、おしゃれ、余裕を感じる


                                    町田の公園、遊具も

  早朝、空気、鳥のさえずり、新緑、川の流れる音
  G・Wは身近なところでのんびりし、気持ちのいいお天気のもと
  各部屋のおおそうじ

  1年前の今日、まさかの帯状疱疹
  1週間の入院生活
  あれから、1年
  心身のコントロールし、ベストな状態を保持すること!
  心がけているのですが・・・・
 
午後から憲法記念日宣伝をおこないました。
毎年、行っていますが、今年は、特に
「憲法改定」を具体的日程目標まで、言及している
安倍総理のもと、国民投票に向けた
動きがでてきそうな
危険な流れが不安です。

清新、横山、上溝、陽光台、田名と宣伝カーでの街頭宣伝をおこないました。


 
 


 
 
 

2017/05/02

第88回相模地域メーデー 参加

昨日 相模原地域メーデーが行われ、日本共産党市議団、藤井県議が
参加しました。

 富士見中央公園で集会ののち、市内デモ行進
 あいにくの小雨で、急きょ行進経路を短くしたようですが、全国に呼応
して、相模原市でも地域メーデーとして実行できることは、誇らしいことです。
全国では、308カ所で開かれ約16万人が参加。
安倍首相は、新憲法制定議員同盟の「「新しい憲法を制定する推進会議」で「今年、歴史的な一歩を踏み出す」と、「憲法気運が高まった」と改憲を、いよいよ、日程にのぼらせようとしています。

 平和憲法を守ろう! 声高く・・・!
 メーデーの原点 「8時間労働」を!


 地域メーデー スローガン
 働くものの団結で生活と権利を守り、
    平和と民主主義、中立の日本をめざそう

 ◎人としゃべれば逮捕? 共謀罪の成立を許すな
 ◎長時間残業の固定化、労働法制改悪を許すな
 ◎8時間働いたら普通に生活できる賃金を
 ◎ブラック企業を野放しにするな
 ◎いのちを削る医療・介護の改悪反対、誰もが安心して暮らせる
   社会保障の拡充を
 ◎若者も高齢者も安心して暮らせる年金制度を
 ◎公民館有料化を撤回し、市民に優しい市政を
 ◎なくせ爆音、沖縄新基地建設に反対、米軍基地撤去で平和な
   相模原を
 ◎核兵器の違法化、禁止をする核兵器禁止条約の世界世論に
   連帯しよう


  言葉が染みます。




 

2017/04/29

リニア 橋本「準備工」の現場。

昨夜JR東海主催の説明会で説明されていた準備工事現場へ行ってきました。
 「渋滞」、「通学路」等、住民の皆さんから出されていた、不安、要望
現場がどうなのか、自分の目で確認しておきたかったからです。

壁一つ隔てて民間、道一つ隔てて民家。
通学路は小さな約1m程度、この道現在は、駅利用の通勤客等、通行人が結構ある。片側にしか歩道がない。

 説明書 p18 作業時間について
   「8;00~17:00 (状況により作業時間の延長及び夜間搬入を
行うことがあります)。

 工事工程は
H29年中に土留壁工、
次期工事としてH30年~H39年開業
  掘削工がH30年からH31年中
  トンネル工がH30年 中から


工事車両通行計画
  最大 1日 約100台
  「通行時間帯は7;00~18:00」
  「7;40-8:10は車両の出入りを制限します」

工事施工地 をまず整地。
説明会では「準備工事」開始は「GW明けから」


橋本変電所、高圧送電鉄塔が林立
 
「移設を予定している鉄塔」がどれなのかは???
(教えてくれるか、わかりませんが、聞いてみよう)
(隣接するご近所の方に聞いたら、知りませんでした)
 

信号待ちの時、今でも、渋滞。
16号線の「橋本変電所前」交差点、
市道橋本103号線
左手工事ヤードと子供たちが通学する歩道
103号線は、見ている間だけでも、4,5台信号待ちで数珠つなぎ。
ここにダンプが割り込んでくるようになる。
発生残土は、「八王子と平塚市へ、」
初めて行先が知らされました。この準備工事での発生残土のみのこと。
いまだに、鳥屋に利用される以外の残土の行先は????、いまだに
(原発の使用済み核のごみ、の行先ないのと同じ)
その時、その時の、工事(駅建設、トンネル建設等の工事)時点で
知らせるとか説明してます。

今後の工事で、
3mの「仮囲い」、「防音シート」しても、
生活環境への影響は甚大なものがあるのでは?

壁ひとつ、道一つ隔てて、民間、マンションが。
「立ち退き」が迫られる住民、ひとりの思いを伺いたいのですが・・・・。



話、風景、変わります。
春の訪れ、自然の恵みについて




今日も市内あっち、こっちへ。今年の上溝の藤に会ってきました。
香りが漂い、しばらく、みとれていました。
これから、もっともっと満開へ
時々会いにいきます。







 
 


2017/04/28

JR東海 「中央新幹線 神奈川県駅(仮称)隣接工事のための準備工事説明会」

  市内でJR東海による、「準備工事」に関する 2回目の説明会です。
 1回目は4月22日サンエール さがみはら
 2回目 本日 4月28日 杜のホール 19時から21;22分

  説明会はJR東海による30分間ほどの説明ののち、会場からの質疑、
 応答で、本日は参加者 約50名前後

 説明内容は
 中央新幹線事業概要
 神奈川県駅(仮称)隣接工事のための準備工事の概要
 工事車両の運行計画
 環境保全
 連絡先


 地元住民や通学路にあたるため、保護者の方からの質疑が行われました。私も議会での質問等を踏まえ、直接JR東海に質問しました。

 リニア事業、本市においては、非常口(山岳部)は4つ、橋梁は2つ(相模川、道志川)
トンネルは「都市トンネル、津久井トンネル、藤野トンネル)、そして
神奈川県駅、変電施設、関東車両基地、が
想定されています。

神奈川県駅(仮称)は地下約30メートル、、幅約50m、
ホーム等は延長は約900m。

 今日の説明会はⅣブロック、(シールド発進部)の一部のみの、工事の説明会というわけです。
国道16号線に面した位置、指導103号線、「早期準備に工事に着手します」と記されていますが、会場内からの質問で、連休明けからからとのことです。

工事概要:
 「工事名」 中央新幹線神奈川県駅(仮称)隣接工事のための準備工事
発注者; 東海旅客鉄道株式会社
施行者:ジェイアール東海建設株式会社
工期:H29年4月3日~H30年3月30日
工事内容:立て坑構築、(土留壁工(地中連続壁工法)

 今回の準備工事、残土運搬車、ダンプは最大1日100台
 急工日 日曜日 (*状況により、日曜日も作業や運搬を行うことがあります)と。

 多くの質問は、この残土運送車両通行に伴う、安全性の問題、
環境保全の問題について、だされました。

 こうして、具体的な工事に対する質問、要望等について、
説明がされるわけですが、そもそも、リニア工事そのものについて、の
意見等は、もはや、議論されない、そういう場ではない、
 意見をのべると、「簡潔にお願いします」と司会者から
促される。

 本市において対象権利者の契約成立は

 計  約1510件中  駅部の5件

なのに、準備工事をすすめようとする・・・
 国会での議論も始まったばかりなのに、公的資金まで投入して
 国会プロジェックトとしてすすめようとする・・・

ここで、あらためて、
橋本禮次郎氏の「必要か、リニア新幹線」を再読しました。

ドイツの事例です。
ドイツでリニア実用線建設計画について。
ドイツ政府は建設を閣議決定
しかし、連邦議会は法案審議のなかで、過大な需要見通し等が問題視され、10年後の2004年に同計画の中止を決定

 ドイツでは、リニアは、政府が推進

地震動予測 太平洋側で確立上昇、リニアは?

地震とリニア、
「地下だから、安全」「活断層で危険」
真っ二つの主張があります。

今日の新聞には、「政府の地震調査委員会」
が27日2017年度版「全国地震動予測地図」を公表。
太平洋側を中心にわずかに上昇、と。
 30年以内に震度6弱の予測を示しています。

リニアと地震、活断層
リニア推進側は、明確に「安全だ」との主張の
根拠を示しているだろうか


今日午後7時から橋本の杜のホールにて
JR東海主催の「リニア準備工事説明会」が行われます。
22日につづいて2回目の説明会です。

工事に関連する地域周辺環境への影響、様々なことが想定
されますが、2027年 名古屋までの開通、
本市にとっては、橋本、相模原両駅再開発の
「まちひらき」

10年間で完了させる?

ちなみに 用地測量完了、補償調査、用地取得という流れで
進んでいきますが、用地取得状況、契約状況をみると、

3月定例会議の時点では、本市域での対象権利者数は

駅部 50名
本市所管部分 約800名
神奈川県所管部分 約660名  

そのうち
契約成立は

  計  約1510件中  駅部の5件   とのことです(3月会議時点)

 1か月たちましたが、現時点ではどれだけ進んでいるのか、
 市が用地交渉事務を委託されていますので、
 聞いていきたいと思います。

また、工事による水枯れ、問題、補償問題なども関心の高いところです。





2017/04/26

歴史の転換点、市民との対話深めて

日々の動きがいま、歴史の転換点にあることを示しています。
本日、赤旗記事から (見出し)

1面
「辺野古 違法工事を強行」
「東日本大震災 東北でよかった」、今村復興相 辞任へ
「共謀罪」内心処罰 一般人も対象
「日本海で日米訓練検討」

2面
「米国防総省、沖縄駐留軍、北朝鮮投入も可能」
「米が日本にスパイ装置提供」元CIAスノーデン氏の暴露文書13文書公開・・・世界中の情報活動に使用されているとされている在日米軍横田基地内アンテナ機器の関連施設の建設費(現在レートで約7億円)の大半を日本側が支出


漫画家小林よしのり氏 「戦前にもどらないとは言えない」

5面 
「米国民も廃絶を支持」
 原水爆平和大行進 米大学生が参加

6面
「米軍にF15部品輸出」
 ・三菱重工の計画判明・・井上議員 内部資料を示す

7面
「仏大統領選 メランション氏 健闘」
「今日からASEAN会合」

9面
「暴走から見える政権のもろさ」 内田博文、杉田敦、長谷部恭男氏

14面
「精神保健福祉法改定案」-措置入院制度を強化 14団体が集会
「米海軍横須賀基地 低レベル放射性廃棄物 原子力空母から搬出

15面
「森友問題 国有地格安売却の核心に迫る」
「激しさ増す米軍訓練 横田でパラシュート降下」

んー、、、ん

駅頭での朝宣、お洗濯、新聞読んで、いざ、市民との対話へ
歴史をつくるのは国民!

2017/04/25

今村復興相「東北でよかった」、に強く抗議します

安倍内閣閣僚の許しがたい暴言、失言、虚偽発言等が
相次いでいますが、
今村復興相発言は、断じて許せません。

辞任の意向を固めた、と報道されていますが、
全く信じがたい、怒り心頭の発言です。

東北大震災、「首都圏に近かったらすると、莫大な甚大な額になっていた」
サンケイ新聞ネットニュース上の文言ですが、
これがそのままの発言の言葉だったら、
トカゲのしっぽ切りで済まされる話ではないと思います。

その前にも、自主避難者を
「本人の責任」と言い放ち、
陳謝で済ませていたようですが、
腹の底にこうした考えをもった
傷みをおもんばかることのできない
人は隠しても、本音がでてくるものです。

本当にひどい、
あまりにもひどい。

原発を首都圏から遠くに東北地方に建設した
真意がここにあるだろうことを
ここまで、堂々といいのけるとは!

沖縄に米軍基地を集中させる、
強権的に新基地を建設する!
その姿勢、考え方は全く同じ、

地方を犠牲にし、
東京一極集中のゆがんだ国土がより
いびつに・・・・・

もはやこの内閣では、
日本の国土wお破壊し、国民の命をないがしろにする

この言葉は今村氏の一人だけのものだろうか、
安倍首相の
言葉の軽さとともに、
今回の発言、
言葉にならない位、くやしい

こんな人が、大臣!

安倍政権、退陣を!の声をひろげよう

2017/04/24

「公民館及び津久井地域の市民利用施設の無料継続を求める申し入れ」


本日、日本共産党相模原市議団は、市長、教育長に対し、「公民館及び津久井地域の市民利用施設の無料継続を求める申し入れ」をおこないました。

こちら  をご覧ください。

応対したのは、教育局長、生涯学習課長他ですが、申し入れ書を手渡したのち、30分ほどの懇談を行い、双方の意見、議論を行いました。

共産党市議団としてはこれまで、本会議や委員会など議会内とともに、市民とともに、議会外でも宣伝行動等のなかでも、公民館の無料継続を求める論戦を行ってきました。
本日の懇談会でも、市側は
「公民館の安定的継続性」のためにも、一定の費用負担に関わる市民負担を、極力低減を務める、とこれまでの主張の繰り返しでした。

本日の申し入れを振り返り、
あらためて、市民にとっての公民館とは、なんだったのか、
また、市側、国側が「公民館の役割」に求めてきたものは何だったのか、
について、
「第45回相模市女性学習グループ研究集会 本年1月19日 開催の
やっぱり社会教育だね! さがみはらの公民館が
大切にしてきたこと」

基調講演 「さがみはらの公民館が大切にしてきたこと」
   講師 古川 喜章 
 
 パネルディスカッション テーマ「地域と公民館」

の冊子を
を再読しました。


実行委員長のまとめの言葉が印象的です。
1984年 市公連で、「4つの原則」 (①住民主体の原則、②地域主義の原則 ③教育機関の原則、④貸館の無料、公平、自由の原則と同時に、
めざす公民館のあるべき姿(公民館の役割と目的)を紹介しています。

住民の出会いの場
 ②生きがいを創造する場
  ③生活課題を学習する場
   ④自主的集団活動の場・連帯を広げる場

趣味のサークル活動、OKではないですか?
「公益性」があるか、ないか、などの
判断は問題ではないのではないですか?

 相模原公民館の71年、
歴史を踏まえ、未来を想い、あるべき方向性、市民とともに、
主張していきたい!



2017/04/22

米軍基地 相模補給廠一部返還の南北道路、本日開通

 地元から、また全市民から持ち望まれていた、
宮下本町と相模原を結ぶ南北道路が本日から開通となりました。
米軍基地が現実に返還され、市民利用に供される、その瞬間に立ち会えたことは、感激です。

 道路部分の2haのうちの約半分が今回
暫定利用のために、整備されました。
延長約900mですが、駅利用者の送迎用、
また、自転車、歩行者等には利便性が高まります。

 主催者の市長、来賓あいさつと続き、最後の地元小山自治会連合会会長のお話しは心に響きました。


「戦後米軍に接収され、基地内に住んでいた100軒近くの人たちも立ち退き、基地内に立ちいるときは、身分証明を提示。
 小川前市長の時、米軍再編市内基地強化が迫られ、
「黙っていれば百年先まで、基地のまち」のスローガンのもと、
市、議会、自治会等、市民ぐるみで、
基地返還、基地強化反対の集会、基地の回りをデモ行進した」、と。

地元の方ならではの想いが伝わります。
 
デモ行進のことなど、そうそう、と
思い出されました。

 特に地元の住民にとっては、駅側に行くには、ぐるりと迂回しなければならず、不便を強いられてきましたので、「基地返還」は、
地元の皆さんの感慨は深いものがあると思います。
自治会長さんとお話しをし、労をねぎらい、
そして、基地のさらなる返還に向けて、
ばんばりましょう、と。

 秋ごろまでには、向陽小学校側への東西道路も開通に
なれば、さらに利便性が高まる一方
車の流れが大きく変わることになり、交通上の課題が懸念されます。

住宅部分の返還地の暫定利用もかんがえられるようですので、
市民にとって、魅力的なまちへの一歩に
なるよう、
市民の立場から、声をあげていきたいと思います。

 
工事中のころ

いまか、いまか、
 
お待たせ!
 
 

ベンチもあります

全面整備なら約2倍に!暫定利用でも
市民の生活にとっては、前進!
基地って本当に障害になっていたんですね 
 
この金網も、「過去」になるときが