2016/02/17

90億円もオーバー!見込み違い 圏央道建設費

相模原市が政令市に移行し、「国直轄事業負担金」を担うことになったわけですが、圏央道、国道16号、国道20号等の決算額の資料提供を求めました。
以下結果です.

圏央道は、高規格道路で、交付税措置となることのようですが、22年政令市移行当初見込みでは、22年、23年、24年、で工事完了と見込んでいたようですが、工事進行するなかで、様々な問題発生し、補正予算で対応しながら工事を進め、やっと27年で完了。3年間オーバーとなりました。

したがって、負担金については、さらに見込み違い。
当初見込みは200億円、最終的には290億円で、
90億円もオーバーとなったわけです!

大規模事業は、「想定外」のリスクを発生させること、
道路は「血管」だから、必要な道路は必要でしょうけれど、
「事業費」は他の事業費を圧迫しますから、
何が緊急か、何が優先か、
大規模事業の事業費はできるだけ、市民に示すべきと考えます。


今年もきっと見fごとに咲くことでしょう
藤は香もいいんです

上溝の藤棚前でパチリ(去年)。藤の季節が楽しみ!