2016/01/11

成人式に思う

中央区 市民会館ホールで、3回に分けて行われた成人式に来賓として出席しました。

資料によりますと、20歳本市で、7352人 (前年比 288人減)
 神奈川県で、87,211人(前年比 2,503人減) 
 全国で、約63万人 (前年比 1万人減) 
   ・・・(H27年11月1日現在)

 主催者挨拶は市長、副市長、来賓あいさつは議長、副議長、民生委員会委員長と3区3回をそれぞれ、駆け回って挨拶されているようです。

式典はアトラクション、式典、記念映画上映という流れで

 私は、3回すべてに出席しました。
 心からおめでとうございます、という祝福の気持ちからです。
  
 こうして、「晴れて、成人」は、平凡なことのようで、かけがえのない貴重な1日1日の積み重ねであり、本人たちはもとより、今日の日を迎えた親御さん、保護者に「おめでとうございます」という気持ちになります。

20歳を迎えたみなさんが、
 どうぞ、今後は自分の責任で、生きていかれますように。
 自分の人生、迷ったり、失敗したり、は当然あると思いますが、
 すべての経験の一つ一つから、学び、成長していくことー自分の力で     す。今の社会が「すべてに人の尊厳を守る社会」に到達していないことは、今の大人の責任ですが、これから、一緒に作る変えていきましょう

 どんなことがあっても、「希望」を!


  会場に置かれていた、
  パンフレット「池上彰の選挙に行くって
そういうことか!」
 
7月は歴史的な選挙。有権者として、私たちの責任は重いですよ!