2015/12/04

相模補給廠の共同使用開始へ

新聞報道もされましたが、相模総合補給廠の一部返還(約35ha) 12月2日、南関東防衛局から、国と米軍との協議が調ったことから、
本市に「提供国有財産一時使用許可書」が交付された、これをもって
同日から(12月2日)から共同使用が開始されることになった」との情報提供がありました。

これで、これまで、市が策定してきた「スポーツ・レクレーションゾーン基本計画」に基づいて、共同使用空気のうちの南側の10ha
部分の施設整備をすすめるための調査・設計に着手していく、とのことです。

共同使用については、H22年 10月に米軍と市長が覚書をかわし、協議を重ねてきたものが、ここで、正式に決定したということで、整備がスタートするということです。

共同使用、ということですが、いったん、「有事」になり、米軍が使用する、ということになると、本市の使用は中止、米軍使用優先となります。

したがって、「ハコ物」建設はできないのです。

今後基本計画にそって、サッカー、野球場などが整備されることになります。
 10ha部分の周囲に歩道が整備されますが、ぜひ、一定範囲に「ベンチ」を設置してほしい、高齢者などの散歩が可能なように。

 また、大勢で一緒にできる体操や太極拳などのスペースとして利用できるようにしてほしい、と思います。

健康維持に必要な場所としても一定のスペースが確保されてほしいものです。

 ともかく、いよいよ現実に動き始めることになります。