2015/09/19

戦争法案、「採決」は行われていない!

 国会参議院本会議での討論、採決をずっとネット視聴しました。
安保法制特別委員会での「強行採決」時の状況について、
改めて、
あれは、「採決」ではない、!と思いました。

 特別委員会委員でない「人」が委員会室に「乱入」してきて、
委員長を「バリケード」し、
会の進行の「声」など聞こえず、
与党が「立ったり、座ったり」。
何の採決なのか、何に対し、賛成、反対なのか、
分からない!

これは、「採決」などとは言えない。

会議録未定稿には、「議場騒然、聴取不能」と載るらしい。(後で、議事の経過を
補って正式の会議録とするらしい)

戦争できるようにする法案が、このような形で強行される。
「強行」の以前に、これは「採決」ではない!

「暴力」的。
暴力で作られた憲法違反の「法律」で、「暴力」「殺人」が肯定される戦争へ!


各党、討論が実に興味深いものでした。

民主党議員の討論の身振り手振り、迫力、
当日の特別委員会室の情景描写「演説」がビビットで、
新鮮でした。

もちろん、共産党議員の冷静な、説得力ある演説にも引き込まれるものが
ありました。
どれが一番ということではなく、それぞれは満身の思いで
「言葉」に全力注入して、「訴える」、
「演説」「言葉」の強さ、重みを
意識されられました。


尾崎行雄も演説の神様と言われたようですが、
尾崎氏の演説、聞きたいな、と思います。

憲政の父

尾崎行雄杯 演説大会 in 相模原
第13回 演説の全国大会

が行われます。
主催: 尾崎行雄を全国に発信する会
協力: 相模原市自治会連合会
後援: 文部科学省、神奈川県、相模原市教育委員会 他

本年11月14日(土)、
緑区杜のホールはしもと