2015/08/25

「地位協定の見直しを!」、加山市長も主張へ

昨日の記者会見で、加山市長は「地位協定の見直し」を求めていくと
主張されたようですが、
首長としての立場からよくぞ、言ってくれた!
という思いがします。

新聞各社、一斉に連日取り上げています。
沖縄国際大学への米軍ヘリコプター墜落事故に匹敵する大惨事になりかねない事故でした。

朝日新聞 8/25日の記事では、

 「米軍が、どこにどんな弾薬や物品を保管しているかや、どの基地に隊員らが
何人いるかといった詳細な情報はわからない」。
防衛省担当者は言う

 「国内在日米軍基地や施設数は訳80ヶ所」
 「川上弾薬庫、針尾島弾薬集積所、嘉手納弾薬庫地区、これらは危険物を扱う施設もある基地」
 「何を持ち込んでいるかは、まず教えてくれない」と。  「基地をどう使うかは米軍が独自に決められる」

 「日米地位協定で、米軍施設の運営や管理、警護などについて、
米国は必要なすべての措置を執ることができる」と定めてある

 加山市長は24日の記者会見で
「基地内であってもいち早く状況をキャッチし、市民に一報
できるよう検討していきたい」
とのべている。

 米軍基地がある14県の知事でつくる渉外知事会も7月、
地位協定改定を求める要望書を防衛省や外務省に提出

 「米側の裁量にゆだねられている部分が多く、基地の実情が見えず、
 周辺住民は大きな不安を抱えている」と訴えている、と。 

相模補給廠内には「危険物倉庫」がある筈です。
PCB問題があったとき、全国の米軍基地から集積されるPCBが
ここの倉庫に入っている筈です。

 相模補給廠は「兵站基地」で、「訓練基地」ではないのに
 横田基地のヘリコプターが上空で訓練していることは、
「基地の目的外使用」であり、ルール違反と言っても
 無視し、訓練を続けるなど、 米軍は地位協定をたてに、確かにやりたい放題

 日本共産党市議団は以前より、
基地内の危険物倉庫等への市の立ち入り調査等を求めてきたところですが、
市側の答弁は消極的なものでした。

今回のような重大事故が発生し、基地の存在の危険性を認識し、
首長の立場から「地位協定見直し」を主張されたことに拍手を送り、
市民とともに、一緒に声をあげていくときと思います。