2015/08/14

公共施設利用料金改定。市民の声を直接届ける!

市はこの9月議会に、公共施設の使用料利用料の改定(=値上げ)や、市民の火葬料が無料から有料化へ、廃棄物処理関係手数料などの値上げなどの条例改正案を出してきます。

しかし、市民へのお知らせは、7月30日、市のHPによる各施設や行政サービスのそれぞれの「コスト」のお知らせ、8月1日号の「公報」3面で、このように、お知らせしています。


市の「公報さがみはら」はこちら
http://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/dbps_data/_material_/_files/000/000/011/556/sagamihara150801.pdf

「施設使用料、手数料等に係る費用を公表」
市が提供するサービスの費用(コスト)がどの程度掛かっているかを明らかにし、受益と
負担の関係をより適正にするため、平成24年12月に「受益者負担の在り方の基本方針」を策定しました。
 この方針に基づき、文化・スポーツ施設や住民票の写しの交付などに要する費用について
公表しています。

閲覧場所 各行政資料コーナー・図書館・市立文書館
*市ホームページにも掲載

  問 経営管理課 042-769-9240


で、市ホームページの「コスト」は、こちら
http://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/dbps_data/_material_/_files/000/000/031/914/cost_kohyo.pdf


(市、トップページからすぐにはアクセスできない、検索してからはいる)

ここには個別具体のコストはしめされていない。

で、あらためて、市HP はこちら 
 http://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/dbps_data/_material_/_files/000/000/031/914/tesuryo_list_h27.pdf

市のHPを閲覧できない人は、市の広報で、来年4月から43施設が値上げになること、手数料等も値上げになること、わかるでしょうか。

市民への周知と、市民の声を直接聞く、ということがあまりに軽視されています。

自治体の主人公は市民の筈です。

市民の声を是非直接市に聞いて欲しい、と本日は関係3課と市民の対話の場を設定
市から説明を頂き、市民からの質問意見を届けました。

市民の生活の状況から利用者減などの影響への懸念なども出されました。
市は粛々と9月定例会議に提案してくるでしょうけれど、
あまりに「安倍」的!
市民の声、聞かなさすぎ!