2015/07/03

厚生労働省,[所得と生活意識に関する調査」、

7月2日 厚生労働省の国民生活基礎調査

2013年の1世帯当たりの平均所得が前年比1.5%減(8万3000円減)の
528万9000円、と発表

生活が苦しいと感じている世帯が過去最高の62.4%に

1世帯当たりの平均所得はデータが残る1985年以降では4番目に低くく、ここ10年では
最も低い