2015/07/26

お祭りと戦争

今日は県人会と上溝のお祭り
鹿児島県人会は同郷ということでの組織で、
政治的なことで組織されている団体ではもちろんありません。

これまでも、政治的な話しはほとんどしません。
ふるさとのことなど話したり、歌ったり、踊ったりです。

でも今日は、7,31相模大野中央公園での戦争イヤだ大集会のチラシを
渡しながらお誘いしたら、
戦争なんて、誰もいいと思っている人はいない、
こんな強行はあってはならない、
など、話題になりました。

どちらかというと鹿児島県人、保守的な方が多いのです。
でも戦争法案、これにはきっちりと怒りを感じていました。
 (ほほーっ)

上溝まつり、18?近くの御輿が次々と繰り出されます。
老若男女、浴衣やはっぴ、可愛い子供他たち、粋なお兄さん、かっこいいお姉さん

ん、お祭り好きな人はこの暑さもなんのその


人口密度が高い、密集状態・・ちなみは私はこのような人混み、苦手です。

でも、お祭りで、大きな通りが歩行者天国になるのは本当に「いいね」。

こんな時にも「戦争法案」がちらっと思い浮かびます。
知人がこの暑さのなか、今日、国会前の集会に参加すると電話があったからです。

そう、好きな人と、好きなことを出来る幸せ
戦争でないこと!
絶対に守りたい。

ひたひたと押しよせようとする「戦争する国へ」
ノー、と

お祭りのエネルギー、
平和であればこそ!との思いがよぎります。




 揃いのはっぴ着て、わっしょい、わっしょい!(いや、わっしょいではなかったな)