2015/06/09

憲法98条と99条 

本日2番目に代表質問を行います。
日本共産党相模原市議団は5人ですので、代表質問の時間は50分です。
有権者の皆様から、「代弁者」として送り出して頂いた、議席。
質問時間もしっかりと有効に生かしていきたいと思います。

この間、原稿は何度も推敲を重ねてきました。
きりがないのですが
でも、よしっ、という点まで、きたら、後は
いざ、本会議場へ

さて、今日、赤旗日刊紙、2面の「主張」を読んでいたら、
私の代表質問の3問目のところでの、意見を述べる部分の
流れと全く重なるので、びっくり!

「戦争法案」は憲法違反→
「憲法前文」→
「憲法に違反する法律は効力を有しない」→
公務員は「憲法尊重擁護義務を負う」→
「地方公務員の服務規程 宣誓書」→
 国民の八割が納得していない

ちなみに

日本国憲法の前文

「政府の行為によって再び戦争の惨禍が起きることのないようにすることを決意し、ここに主権が国民に存することを宣言し、この憲法を確定する」

 憲法第98条
 「この憲法は、国の最高法規であって、その条規に反する法律、命令、詔勅、及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。」

 憲法第99条
「天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し養護する義務を負う。」

地方公務員法の規定に基づく条例の、市職員の服務の宣誓書
 宣誓書
「私は、ここに主権が国民に存することを認める日本国憲法を遵守し、かつ擁護することを固く誓います。
 私は、地方自治の本旨を体(たい)するとともに、公務を民主的かつ能率的に運営すべき責務を深く自覚し、全体の奉仕者として誠実かつ公正に職務を執行することを固く誓います」

議会本会議は中継と録画放映されますので、ご覧下さい

ライブ中継 http://www.gikaitv.net/dvl-sagamihara/3.html

録画放映  http://www.gikaitv.net/dvl-sagamihara/2.html