2015/06/29

「リニア事業費膨張の危険」と。本村議員国会質問から

しんぶん赤旗本日紙面から (2面)
「国会論戦 ズームアップ」

で、本村伸子議員が19日の衆議院国土交通委員会で追求 の記事です。
「過去の新幹線で、建設当初時の想定事業費と実際の総事業費の差異」を質問したよう。

で、一番食い違いがあったのが、上越新幹線 3,51倍


 上越新幹線  当初想定   4800億円   最終 1兆6860億円(3.51倍)
 東北新幹線  当初想定 1兆8050億円  最終 3兆5705億円(1.98倍)
 東海道新幹線 当初想定   1725億円  最終 3310億円 (1.92倍)
 北陸新幹線  当初想定   5883億円   最終 8282億円 (1.41倍)

上越新幹線は何故こんなにも想定が狂ったか?
長大な山岳トンネルだった! 大出水事故、山はね(地層破壊)など。
想定狂ったことで、「責任」はどうなったんでしょうかね。

で、
「 リニア中央新幹線は86%がトンネル、それも、南アルプスでこれまでやったことのないトンネル工事。
 難工事が予想される工事費が膨れあがるのでは?」と追求。

国会中継は 
  こちら (6月19日) 
    
 質問では、  さらに         
  リニア品川駅の建設工事の入札が不調と紹介。

従来の整備新幹線は工事費が膨れあがっても税金投入されるが、、リニア中央新幹線はR東海が「全額負担する」民間事業ということになっている。

工事費と採算性の問題、コスト膨張の問題、民間事業者が自己責任で処理できるか、
絶対あいまいにしてはならない点です。

日本共産党 国会議員団の追求が鋭く、的確!

本市でもそうですが、大規模事業の事業費は当初想定額を超えることが多い。
まして今は、やれコンクリートが不足、高くなった、鉄骨が不足、高くなった、職人の人件費が高くなった、
掘ってみたら、想定外の礫石があっただの、地質が想定と違っただの諸々の原因で事業費が増額、増額に。