2015/05/27

相模原市 2015年4月1日現在 保育所待機児はゼロ?

本市の待機児カウントは、「国の定義」にもとづいて行われています。
2015年度の待機児は、前年から93人減少してゼロ、との発表がありました。

利用申し込み数は 11,330人
利用児童数は   10,803人

ん! この差、527人は? 保育所等に申し込んでいながら、利用に至らなかった児童です。

これは、「厚生労働省のー保育所等利用待機児童の定義ーに基づくと、「待機児」に含まれないからです。
この数は、待機児にウントさカれていないのです。

以下が「待機児の定義」のようです。

①市の単独保育施策において保育されている児童、幼稚園の一時預かりを利用している児童
②1園のみを希望、または、他に利用可能な保育所等があるにも関わらず、特定の保育所等を希望している場合
③主に自宅で子どもを保育しながらインターネット等により求職活動を行っている場合

待機児ゼロ!としていますが現在のこの定義でゼロになっているのであって、
4月1日現在は、
この認可保育所等の「保留児童数」は527人、なのです。

2015年度に889人整備して定員増を図る、としています。

希望した人が全員入所できるよう、保育の質を確保しながら、整備を促進することを
望みます。