2015/05/31

戦争法案ストップ!の声、相模原からも!

今日は、午後から相模原教育会館で行われた第2回 「戦争いやだ、9条まもれ」
5,31相模原市民のつどい に参加しました。
第1部は 九条の会 事務局の 高田 健氏の講演で、第2部は参加者リレートーク、
第3部はパレードです。
 私は、今日は第1部のみの参加です。

高田氏の講演から。
安倍首相の「日本を取り戻す」とは、
歴史修正主義、米国と肩を並べてグローバルな範囲で戦争をする国を実現すること、

十五年戦争をどう見るか、
2月側近の近衛文麿が上奏文
3/10 東京大空襲 全国主要都市の空襲、6月沖縄戦、8月広島、長崎原爆投下

19名の閣僚中、16名が日本会議メンバーという極右政権



この政権の決定的弱点
 ●改憲、安保、戦争法制、原発、格差社会などの諸問題と世論の乖離
 ●歴史修正主義、近隣諸国と欧米諸国、安倍の国内支持勢力内の矛盾
   (「過去を学び、分厚い保守政治をめざす若手議員の会」結成、
   「新勉強会」(安倍支持派・青年局など2~30人)結成の動き
 ●アベノミクスの行き詰まり
 ●世論の動向を気にする公明党との連立政権、与党内矛盾

平和安全法制整備法  11法案
1,武力攻撃事態及び存立危機事態安全確保法
2,米軍行動円滑法
3,海上輸送規制法
4,捕虜取り扱い法
5,特定公共施設利用法    (米軍以外の外国軍隊を対象に追加)
6,国家安全保障会議接地法 (審議事項の整理)
7,重要影響事態安全確保法 (周辺事態法を改正。「周辺」を撤廃し、「重要影響事態」に対応。
                 加えて「米軍等」で、オーストラリア軍(今後の拡大の可能性)を想定 
8,船舶検査活動法 (国際社会の平和と安全のための活動にも適用。周辺事態概念を廃止
              地理的制限撤廃)
9,自衛隊法   (在外邦人救出、米軍の武器防護など可能に)
10,国際平和協力法 (国連平和維持活動=PKO=協力法を改正。従来より業務を拡大
                →駆けつけ警護、兵力引き離し、武装解除、治安維持など)
11,「新法」 国際平和支援法 (自衛隊海外派遣の恒久法、戦争支援法
      「国際平和共同対処事 態」対応

すでにたたかいははじまった
「戦争させない、9条壊すな! 総がかり 行動実行委員会」の結成 と広範な世論を組織すること!

 この七十日間、日本国憲法の平和主義、立憲主義の戦後最大の危機

決してあきらめない、
しっかりと手をつなぐ

力強い集会でした。
目線は世界に運動は地元から、

        教育会館一階ホール、満員でした。これはオープニング

水郷田名の金色のこい、大きな、大きなこいがゆうゆうと泳いでいる
           午前中は田名地域で活動。市民アンケート回答者を訪問。