2015/05/11

消費税倒産、生活相談、次々と

今週はいよいよ、明日から、議会人事を協議する議会運営協議会が始まります。
共産党は山下伸一郎議員です。新人議員ですが、頑張ってくれると思います。

今日は、午前より、次々と生活相談を受けました。

市内で飲食店を営んできた70代の男性、
借金を重ねながら、営業を続けてきましたが、
店舗や、住まいの家賃が払えない、従業員の給料が払えないところまで、
追い込まれ、弁護士さんとも相談、自己破産へ。
生活維持に、生活保護申請へ。
消費税増税の影響がお店の大きな痛手になってきたとのこと。
長い間、従事した料理の世界、離れざるを得ない悔しさ、
70代まで、ずっと働き続けてきたのです。
税金の滞納はなく、税金も納め続けてきたのです。
もう、これ以上続けるのは、限界、
赤字が膨らみ、回りに大きな損害を与えるばかり。
経営判断のうえ、 本当はもう少し、決断を急ぐべきだったのかも、
しれません。

ともかく、これから、様々な手続きが進みますが、
ストレスとのたたかいでもあります。
一定の困難な手続きを終了させるまで、心身のコントロールも
しながら、安定した地点まで、夫婦で励まし合いながら、進んでいくしかありません。

12時からは後援会のつどい、昼食会へ。

2時半からは、障がい者福祉に関する生活相談
4時半からは市民団体の関係で上溝へ
5時半からは、 すすき町の道路問題の現場確認へ
6時半からは、生活相談で駅の喫茶店へ。

与党が戦争立法同意で、14日に閣議決定、法案を国会提出へ、と。

大阪市の住民投票にむけて、自民党と共産党が一点共同で、宣伝を一緒に行う。

歴史の分岐点。
日常の忙しさのなかでも、しっかりと「時」の流れを注目し、自分の立ち位置と
行動を意識的にしていきたい。



              そうそう、母の日。お嫁さんから頂きました。