2015/04/13

松永 4,452票の重さを胸に

私は、5期目となりますが、

19997年の補欠選挙では3万8000票近く
1期目は3600票近く、
2期目は2577票
3期目は3035票
4期目は3738票
5期目は4452票

投票率が下がったなかで、今回も票を伸ばしたことは大きな前進です。
こつこつ、です。


目標は5000票でしたが、とどきませんでした。
こうした地方選挙は僅差での勝敗になるといわれますが、
南区では時点と当選者の差は1票です。
次点が2人、同票
多数だと、本当にこうした1票の重みが増していきます

早朝から、ずっと、当選おめでとうの電話やメールがひっきりなしです。
協力してくれた人や、カンパを寄せていただいたかたや、支持者のかたで、
参加してくれた方などから次々と。
 近所のかたも、次々と。

心から感謝と、期待に応えねば、の心持ちになるものです。

今日は市議選候補5人の会議

報告集会や業者団体後援会の「選挙ご苦労さん会」に参加。

疲れがそろりそろりとやってくる感じ、、
、、
ほんの1週間前、こんなだったのに、今は「春はどこに?」