2015/04/07

雨にも負けず、寒さにも負けず、訴えに訴えて

今日も8時より22箇所で、政策の訴え、ご支持のお願いをしました。
1日雨の中、レインコート、傘をさしながら、訴え抜く。
心に届くよう、心を込めて。
お家のなかでも聞いて下さることをイメージしながら。
頑張れ、頑張れと自分を励ましながら、





                               濃いピンクと薄いピンクのしだれ桜、あんまり見事なので、ぱちり




         境側沿いのモモと桜となの花のコラボ、それはそれは綺麗。
          春に感謝。5分ほど見とれました。少々、ぴんぼけ

   
雨なのに、寒いのに、今日もたくさんのたくさんの感動がありました。
市内の選挙での「空気」を紹介します。



車の中からの手振りや、沿道の方からの手振りも今日も多いのですが、

下九沢団地で、3階のベランダから、ずっと聞いてくださり、最後にガッツポーズが!

また、雨の中、赤旗に折り込まれる、今日の演説日程の時間を見て、出てきて下さった足の悪い女性、小雨なのに、寒いのにずっと聞いて下さいました・・・とまたまた感動です。

宮の上団地では、傘をかしながら、目の前でずっと聞いて下さった男性、
「支持します」と。
話しを聞いて、決心したよ、の風情でした。

南橋本では、知人の方、候補者カーの声を聞いて、お店から飛び出してきて、
「ずっと待っていたのよ、頑張って!」と。

小山1丁目では、2階から窓開けて聞いていた女性、
降りてきて、カーの前で、最後まで聞いてくださり、握手。

相模原7丁目では、「毎日待っていたの」 とカンパを頂、恐縮です。

相模原5丁目では、若夫婦がカーに近づいてきて、「ずっと共産党を応援しています」とニッコリ。

氷川町では、 お家の中、雨戸を開けて、こちらをちらっと見て、手を振って下さった(でも、話しは聞いてないけど)

横山台では、高齢者施設の近くでお話しをしたのですが、カーテンが開いて、ずっと聞いてくれ、
最後に大きな手振り、また他にも3箇所くらいから、手振りが。
戦争法ストップの話しをたっぷりとしたのです。

5時半頃、清新5丁目では、演説を始めたとたんにお家から出て、薄着で
ずっと外で聞いてくださいました。

清新では、自転車の青年、ずっとカーの前で最初から最後まで聞いて下さり、
「あなたのブログを見ています」と。
道路白線のはがれ、薄くなっていることやその対応が県警である現状から
市の管轄に移すべきでは、など、対話になりました。
問題意識を持っておられるようでしたが、限られた時間でしたので、
短時間で失礼しました。

1日だけでも、盛りだくさんのドラマ!
陣営のスタッフのエネルギーにも感動!

選挙はまさに総合戦!

大きなエネルギーがうねりをつくる!
国民の草の根の力が歴史をつくる!