2015/04/11

明日は投票日、松永ちか子にその1票を

明日はいよいよ投票日です。
選挙中は大きな励まし、ご協力ありがとうございました。

9日間 雨のなか、雪の中、辻つじで、政策を訴えぬいてきました。
選挙中は連日、かつてない、大きな激励をいただき、毎日感動の日々でした。
このブログでもほんの一部を紹介してきましたが、

政治を変えたい、
国政でも、地方政治でも、
共に幸せになる社会へ、
平和を守り、いのちと暮らしを守る社会へ、
戦争への道、戦争立法許すな、の声を日本共産党にお寄せ下さい。

今度の選挙戦の対話の中から、
安倍政権への怒り、批判の高まりと 
日本共産党への期待の大きさをひしひしと感じてきました。

今回の選挙は国政でも、市政でも、大きな岐路に立っている選挙です。

5月国会でいよいよ、戦争法が審議されるというタイミングでの
直前の選挙ですから、
日本の若者の命がかかっている選挙です。
1票1票の歴史的責任も大きいものがあります。

今日の最後の訴えで、街頭から高齢の男性が、
手を合わせ、拝むように、私達に頭を 下げて下さる姿を忘れることはできません
心に刻んでいます。

戦争を体験されたかただろうな、
日本共産党に戦争ストップの願いを託して下さっているんだろうな、と、
身の引き締まる思いがしました。

高校生達も、若い男性、女性からも大きな声援を頂き、驚きと
感謝を致します。

戦争国会が始まることから、関心が高まっているからかもしれません。

党派を超えた戦争反対の1票、日本の若者を戦場に送るな、の1票は
私松永ちか子にお寄せ下さい。

市政の問題では、大型開発への暴走ストップ、
市民の目線から、税金のムダ使いや優先順位が間違っていると思われる時は、
しっかりと異議ありの声を上げて参ります。
皆さんの声を代弁して参ります。

市民の命と暮らしの問題では
高すぎて払えない、国民健康保険税を1世帯1万円引き下げるために、
介護保険の負担軽減とサービスの後退を許さず、安心して老後を送れるために、
施設設備の充実とともに、介護従事者の確保を支援します。

教育の充実では、
少人数学級、全学年で早期に計画的に実施するよう、全力を
尽くします。

子育て支援では、保育所、学童保育クラブの早期待機児解消と共に、
保育環境を最善のものに、これからも行政に指導、監督を強化していくよう、
取り組んでまいります。


高齢化社会にむけても、生活の足の確保、コミニティバスの推進、
カナチャン手形へ市の助成で、高齢者の外出支援を求めて参ります。

高齢者福祉では、
介護保険制度の後退を許さず、
在宅介護、在宅医療、の整備、保険料や利用料の負担軽減を求めていきます。

市民の願いをまっすぐに市政に届け、市民目線から税金の使い方チェックし、
問題あり、賛成出来ないときはしっかりと声を上げていきます

中小企業の営業を支援では、
住宅リフォーム助成制度を復活させます。
 
これからも皆様の声を受け止め、議会・市政の報告を行ってまいります。

この選挙戦でご支援、ご支持に感謝するとともに、
どうか、明日の投票日、私日本共産党の松永ちか子への1票をこころからお願いします。

     4月11日  日本共産党 市会候補  松永ちか子

今日も7時から相模原駅頭で朝のご挨拶をしました。

夜も辻辻で政策を訴えました。

 最後の訴えは選挙事務所まえで、

市長候補中野渡じゅん 最後の訴えです。