2015/04/17

上溝駅で、「あなたに入れましたから。地元候補には入れませんでした」、と。

今日は、朝6時半上溝駅頭で、ご報告とご挨拶をしました。
相模原駅頭は毎週水曜日、月4回ですが、上溝駅頭は月1回のみ。
通行する方からの反応も、少ないのですが、今日はチラシの受け取りも良く、
何人かが、微笑んでくれたり、アイコンタクト、対話にもなったりと、
嬉しい反応がありました。

背広姿の中年男性が近距離まで、近づいてきて、思わず身構えそうに
なりましたが、小さな声で、
「あなたを入れましたから。うちは2票です。 地元の候補にはいれませんでした。」
この言い方からすると、きっと、少し(あるいは、迷った末に)
共産党に、松永に入れた、ということを勇気をもって、
始めて私自身に伝えたかったのだろうな、と受け止めました。

一人一人の中での変化から、こうした大きなエネルギーの流れを産み、
大きな変化が生まれる、ドラマ、

ん、「いいね!」

高齢者男性、(本人は81歳といっていました)
戦争体験を語り、戦争は絶対ダメだ、と。
しばらくお話しをし、
頑張れと激励の言葉を。

ああ、今日駅頭でご挨拶できて良かったな、と。

遅刻しないように、と2,3,4時と何度も目がさめました。
多くの人に会え、直接対話から激励をいただきました。

今日は任期最後に議会運営委員会があります。