2015/01/04

テレビドラマ「わが家」、を「味わう」

午後9時から11時までのテレビドラマ「わが家」、
洗濯ものをたたみながら、ばっちり2時間、しっかり鑑賞。
久々に、温かい、じんわり感を味わいました。

とても惹かれる女優、田中裕子、大好きな、向井 理
ばらばらになってしまった、「家族」の再生のドラマ
奥の深いドラマでした。
ドラマをちょっと紹介するとね、

理由が分からず、「捨てられた」と思い続けてきた、息子は
「生きることに自信がもてないんだ」と。

出て行ったお父さん、待ち続けたお母さん
何故、お父さんが、突然出て行ったのか、
本当の理由はお母さんにあったこと、(ん、田中祐子の演技はすごい!)

自分のこれまでの思いをのり超えて、
「親父 帰ってきてくれ!」「戻ってきてくれ!」の叫び
小さな時から心に封印していた叫び

最後はお父さんが「帰ってきて」、
めでたし、めでたしの、ハッピーエンド。

「わが家」
心に残るドラマでした。正月、ゆっくり鑑賞できました!


                                    たわわになっているみかんや八朔?など、
                    ほっておかれている風情だと気になるのよね

 
今日も挨拶回り。

久々にお会いしたMさん。
去年、突然奥さんを亡くし、
大きな、大きな家に一人で住むことになってしまった、と。

一昨年、お母さんを亡くし、去年奥さんを亡くし
財産問題で、兄弟とは全く断絶状態に。
ほとばしるように、いろんな話しをします。

こちらはうんうんと聞くしかありませんが、
最後に一人で生活していく・・・・
まだ、心の痛み、いろんな思いがおありのようです。

両親のもとに生まれ、大きくなり、
結婚し、子ども達を育て、
おじいちゃんとおばあちゃんになり、
仕事も退職し、
関心ある問題で社会に関わりながら、
いつか、どちらか一人になる。

でも、命をつないだ、子や孫達、
どんなに大切なかけがえのないものかと思う。

今日もドラマチックなことがあり、一つ一つを心に留め、
エネルギーに変えていく