2014/12/04

市が、米国の核実験に対する抗議及び要請文 送付

12月3日付け 市渉外課よりの情報提供です。

 アメリカ合衆国大統領 
 バラク・フセイン・オバマ・ジュニア  閣下


 駐日アメリカ合衆国大使館 特命全権大使
 キャロライン・ケネディ大使 閣下
 

    核実験に対する抗議及び要請

この度、貴国が2014年7月から9月の間に、核性能実験を実施していたとの情報
に接しました。
 
 このような実験を行うということは、たとえ核爆発を伴わないとはいえ、貴国が
今後も核兵器を保持し続ける意思があるものと受け取れ、核兵器の廃絶と世界の
恒久平和が実現されることを願う国際社会を失望させるものであり、
断じて容認することはできません。

 本市では、これまで再三にわたり、核実験に対する抗議や中止を要請してきた
ところですが、改めて、今回実施した核性能実験に対して強く抗議をするとともに
今後、核性能実験や臨界前核実験を含めた一切の核実験を実施しないことは
もとより、計画も行わないよう強く要請いたします。

 2014年 12月3日
                        相模原市長  加山 俊夫