2014/12/30

「新しい年」にやっぱり「希望」を託したい

明日は大晦日
1年に最後があり、また、1月1日から新しい年が始まる、ということ、
やっぱり「希望」だと思います。

もちろん、時間は続いていますが、
いろんなことがあった1年間、
また、いろんなことがあるだろう、1年間
1つの区切り
1秒1秒すぎていく時間は決して、元に戻したり、やり直したり出来ない

過ぎたことは、嬉しいことも、悲しいことも、「過去」に。
だから、気持ち新たに、「新年」を迎えましょう、という気になれる。

今日は1日お休みの予定でしたが、生活相談や挨拶回りへ

「今年も御世話になりました。どうぞ、来年もよろしくお願いします」と
年を重ね、1年1年の重みを感じるようになると
こうした儀礼的な言葉に、心が込められるようになるもんですね

明日は宣伝カーでご挨拶をします。
来年もどうぞよろしくお願いします、と。