2014/11/15

「私にできることはこれぐらいだから」と、カンパを

風はすでに解散風なので、午後からは急遽予定を変えて宣伝カーに

日本共産党はこの選挙、安倍暴走政治への国民の審判を下す選挙として、
全力を尽くす、勢いよく頑張ります、と、明るく、力強く(と、意識して)

大型宣伝カーで、6ヶ所で訴えました。
手を振ってくれる人、にこっと微笑んで下さる人、
頑張ってと言って下さる人、
日本共産党への期待を感じます。

県営住宅の横で、訴えていますと、一人の女性が
近づいてすぐ側で聞いて下さったのですが・・

しばらくして、帰られてしまいました。
ああ、私の演説
イマイチなのかな、と
少々気落ちしながら、
それでも、心込めながら話していますと、
その女性が戻ってきて、
運転手の方になにか渡していました

訴えが終わり、その方に挨拶をしましたら、

「ずっと、共産党を応援しています。
自分はもう年ですし、体も虚弱体質ですので、なにも
出来ません。自分にできることはこのこと位ですから」
と、多額のカンパを寄せて下さいました。

明るく、温かい世の中に、日本にしてほしい、頑張ってほしい、
ひしひしと期待感を感じます。

こうして草の根に根付きながら
ひとり一人の心に届くように・・・心こめて訴えました。

短期決戦の選挙戦、重い1日1日を悔いなく送りたい。

明日は沖縄県知事選投票日!