2014/10/29

「住民説明会」について

10月20日付け、赤旗3面に、九州電力川内原発の再稼働に関わる住民説明会について
の記事です。

4市1町 計5ヶ所で行っているようですが、会場の様子、驚きです。
「参加者は入場券で座席を指定され、本人確認書類の持参を求められる、
主催者は事前に誰がどこに座っているか、事前に完璧に把握できる」、質疑応答
9人の質問者全員が川内原発への不安を口にした、と。説明会が終了した4会場
の時点で会場で発言した住民40人の内、賛成、理解した、推進して欲しい、等の発言は
2人のみ。

川内市長は「ある程度の理解が進んだ」と発言したそうな。

「住民説明会」、形だけ。JR東海の説明会もひどいな、真摯な姿勢が感じられない企業だな、
と感じたのですが、
29日付け、朝日新聞1面に仰天の記事が。

市長が再稼働への同意を表明し、市議会(26人)が再稼働賛成の陳情を賛成多数で採択した。

市議会は臨時議会。
賛成する陳情に 賛成が19人 反対 4人 棄権 1  1人は退席
再稼働反対の陳情10件と福島第一原発を議員が視察することを求める陳情1件は全て不採択

今後鹿児島県議会と県知事判断にゆだねられることに。
再稼働は早くて年明け以降になりそう、と。

原発、リニア、オスプレイ、
消費税、TPP,秘密法、集団的自衛権行使容認、 ETC,ETC・・・・

反対の圧倒的世論すら、無視し、強行、暴走の先になにがあるか、
「責任」はきちんととれるのだろうか、

リニアの工事説明会も始まります。