2014/09/03

国直轄事業負担金(さがみ縦貫道)、事業費見通しが狂う

代表質問1日目です。

他会派議員の質問、答弁のなかで、興味深い数字がでました。



政令市移行時に見積もった移行に伴う歳入、歳出で、国直轄事業負担金について

さがみ縦貫道  当初見積 4年間で229億円

これまでの支出済額 288億円

さらに、26年度 支出見込み 22億円



つまり、229億円と見込んでいたものが、310億円に

この差額は、81億円、当初見込みより35%も増額

(これは、本市負担分)



国道16号、29号の維持整備等は見積と支出済額はほとんど変わらず。

大規模土木事業は、想定外のことがでることや、経済環境が変化することから

事業費が増加する、典型的な事例となりました。

本市ではこれから、大規模事業次々と。同時進行で進もうしていますが・・・??????

財政的見通しはどうなっているのか、総事業費が出てくる、年度別見通しもこれから・・。

個々えなく、全体としてどんな姿になるのか、示し、市民の声も聞くべきと思います。



さて、明日は私が代表質問を行います。

2番目に行います。

時間は30分です。

一人10分で、我が会派は3人なので、30分です。

内容に神経を使い、時間配分にも神経を使います。