2014/07/06

自衛隊の迷彩服を子どもに?!

上記二つのパネルは、首相官邸前行動で使用されたパネル。

参加した方から写真掲載了解を頂き、載せました

直接自衛隊向けのポスター、ダイレクトに自衛隊にメッセージは、珍しく、インパクトがあります。



今日も1日盛りだくさんでした。

午前中は市民団体定期大会に出席、あいさつ。

その後、中央公民館で行われている、子ども祭りへ

公民館前庭の一番広い場所を占めて、自衛隊が、「組紐綴り体験」と、自衛隊、迷彩服、こども用試着

参加した子どもには、お土産つき。

自衛隊は災害救援活動のパネルもずらり。

相模原に駐留している、陸軍中央即応集団は海外展開用、戦陣部隊

本務は米軍と一体となった、海外殴り込み部隊

係の自衛隊に聞いてみると、本市にある、自衛隊募集事務所からきているとのこと。

 

どうも、昨年から子ども祭りに参加していると。自衛隊、迷彩服への違和感を知らず知らずに解消させ、浸透させていく・

この微妙な時期に、市民感情も考えないで、こうした場に参加することの怖さ、薄気味悪さ

公民館活動、こども祭りの取り組みとしては、ふさわしいとは感じられません

 

午後からは集団的自衛権に反対する市内市民団体のデモ行進に参加

最後尾を歩いていた87歳のKさんにびっくり。

日本国憲法を英訳してアメリカに広めた学者で、同郷の方なので、お話しを来たことのある方

暑さのなか、毅然と行進に参加

高齢にもかかわらず、お歳を感じさせない、わかわかしさにびっくり

 

行進を抜け、党活動へ

夜は孫達全員と外食へ

公私ともフル稼働