2014/05/22

二つの画期的判決が

今日の新聞みて、「ワオー」の記事が。

一つは、関西電力大飯原発3,4号機の運転差し止めを命じる判決

二つは、横浜地裁の厚木基地第4次爆音訴訟判決

それぞれ、判決文が載っています。大飯原

発の判決文の中の、「人格権」という言葉が確か3カ所でてきますが、憲法規定から、こうして、具体的に判決がだされてくる裁判、感動です。

「求められる安全性」の部分で、「原発発の稼働は法的には電気を生み出す一手段である経済活動の自由に属し、憲法上は人格権の中核部分よりも劣位に置かれるべきだ」

「具体的危険性が万が一でも あれば、差し止めが認められるのは当然だ」

「具体的危険性が万が一でもあるかが、判断の対象とされるべきで、福島原発事故後に、この判断を避けることは裁判所に課された最も重要な責務を放棄するのに等しい」

昨年、新潟市で、自治体学校があり、その時、福島原発事故の東電の責任を問う裁判をしている方の発言があり、印象に残っていましたが、今後、各地で、原発に関わる裁判への励ましにもなると思います。

世の中、捨てたもんじゃない!