2013/08/13

阿部首相、「改憲、私の歴史的使命」、戦争に向かう国づくり許すな

今日のニュースで、阿部首相、「改憲、私の歴史的使命」の発言が!

今日はお盆の日、

午前中、生活相談の年金に関わる相談に出かけ、その後横浜の実家にいって、お墓参りとお盆迎え。

この阿部首相の発言は、改憲ノー、戦争できる国造りノーのこちら側の決意をも固めるものとなります。

権力を使って、御用学者、マ財界、スコミも動員しながら、「歴史的使命」を達成しようとあの手、この手を使ってくるでしょう

アメリカの圧力も相当あるのでしょうが、集団的自衛権の行使、解釈改憲も着々と進めようとしていること、国民の大運動で跳ね返していく「歴史的局面」に立たされていること、の緊張感を覚えます。

国民のお休みの日、お盆休みのタイミングでの発言!



新しいステージでの戦い。

戦争体験者のかたにとっても、人生をかけて反戦の立場で声を上げて欲しい。

改憲が戦争への道であること、学習を重ね、改憲推進側の最終目的を見抜く力が求められます。

油断は出来ません。

これから、反共攻撃もでてくるでしょう。

学習を重ね、仲間の輪を広げ、団結、連帯していく「歴史的戦い」へ。