2013/07/08

wawawa,生活相談が集中

選挙戦最中ですが、生活相談が集中してきました。

市民の方から相談が来る時は、急いで対応する、最大限、努力しています。

悩んで、悩んで、の結果、相談をしてくることがほとんどだからです。

もう少し早く相談にこれられれば、良かったのにね、といことが多いのです。

定年前後の方の病気により、失職、生活困窮の相談、介護の相談、若い女性の相談など、行政サービスにつなげられる為に一緒に考え、糸口を見つけて行きます。

一人の方は、始めて話しを聞いたときは、自殺も何度も考えたことなど、心のうちを語っていました。

1歩、1歩、一緒に考え、人生をもう一度考え直しながら、前に進むことに寄り添っていきたいと思うのです。



日本共産党の「共に」幸せになりたい、が根底にあるのです。

「いのちと暮らし」を守る、言葉だけのスローガンではありません、

一人一人がおもい浮かんでくるような、切実な願いが込められた要求の言葉です。



さて、今日は、はたのカーが来ます。

私も、一定時間乗ります。

18時からは相模大野駅で大勢で賑やかにロングランです

はつらつ、さっそうと、いきたい!